書評「ファイナンス思考」




タイトルだけ見て企業のファイナンスの解説書と思う人も多そうだが、社会全体を含めて日本の構造的な課題を取り上げた良書だ(むろんファイナンスの基本もしっかり収めてある)。

本書のテーマはまえがきの冒頭に掲げられている言葉に尽きる。

日本になぜアマゾンは生まれないのか


それは日本企業が損益計算書でしかモノを考えないためだ。著者はそれを“PL脳”と名付けている。

今、多くの日本企業を病魔がむしばんでいます。「PL脳」という病です。「PL脳」とは、目先の売り上げや利益を最大化することを目的視する、短絡的な思考態度のことです。

「売り上げや利益を引き上げることこそが経営の目的」という主張は、一見するとそれらしく思える考え方かもしれません。

ですが、目先の損益計算書(PL)の数値の改善に汲々としすぎるあまり、大きな構想を描きリスクをとって投資するという積極的な姿勢を欠き、結果として成長に向けた道筋を描くことができていないのが、現在の日本企業ではないでしょうか。


市場が年々拡大していた高度成長期であれば、売り上げや利益を昨年比だけで考えるのは合理的だった。だが経済が成熟し、変化や縮小が珍しくなくなった現在、過去にこだわらない決断が常に要求されることになる。これから何をすればいいのか。どこを目指すべきなのか。それを考えるのがファイナンス思考だ。

会計は、会社の「現在地」を知るために必要なスキルセットです。対してファイナンス思考は、会社がどの「目的地」に対してどのように進むべきかを構想する考え方であり、将来を見通すための手段です。



著者がファイナンス思考の成功例として紹介するトップバッターはやはりアマゾンだ。詳細は以前の書評でも書いたので省くが、97年のナスダック上場以来、株主への配当も行わず果敢に設備投資を続けることで圧倒的な地位を確保することに成功している。

他にも、2011年に売り上げ70億円のインディードを1000億円で買収し、いまや「世界一の人材関連事業」となったリクルートや、リーマンショック後に史上最大の赤字を計上しつつ子会社再編とカンパニー制を推進することで5年で営業利益5千億円までV時回復させた日立も続いて取り上げられている。

でもやっぱりこういう話って失敗例の方が面白い。ビジョンもマーケティングも無しに「とりあえず安定してNTT兄貴が仕事をくれるから」という理由でi-modeという泥船にみんなで乗り込んでドボンした日の丸携帯電話事業の皆さんの話を読めば、PLの改善ばっかりやっててもダメだというのがよくわかるだろう。

では、なぜ日本企業はPL脳に支配されているのだろうか。本書は高度成長期の成功体験や間接金融(銀行のこと、融資先のPLを重視する傾向が強い)中心の金融システム等を上げるが、面白いのは日本型雇用も原因の一つとして挙げられている点だ。

日本的経営に沿って終身雇用と年功序列を同時に成立させるのは、ネズミ講に似た状態です。新入社員は低い賃金に耐えて滅私奉公をし、後になって給料を取り戻すという構造にあるからです。この構造を維持するためには、常に親ネズミ(ベテラン)を支える子ネズミ(新入社員)を、毎年多数採用しなくてはなりません。これは会社から見ると、賃金コストが線形に伸び続けることを意味します。
(中略)
その結果、売上を追い求めるためにさらに採用するといった循環構造に陥るのです。


そして、影響は経営陣の資質にもあらわれる。

終身雇用、年功序列を基本とする日本的雇用慣行を採用する日本企業の中において、経営者は内部昇進者であることが基本です。
(中略)
新任CEOの平均年齢は世界平均が53歳であるのに対し、日本は61歳と、対象国の中で飛び抜けて高い年齢です。

高齢でしか役員になれないということは、経営者として在任する期間が短いことを意味します。そうすると、必然的に会社の未来を見据える期間も短くなり、自身の任期期間中を大過なく全うすることに意識が向いてしまうのが人情というものです。



長期のビジョンではなく、目先の利益優先。まさにファイナンス思考の真逆の行動を引き起こしかねない危うさを、日本型雇用は孕んでいるということだ。

ホンハイに買収されてあっという間にV字回復したシャープなんかを見ていると、正鵠を得ているように思うのは筆者だけだろうか。


以下、ちょっと長いけどとても印象に残った部分を引用しておこう。

高齢化とともに、現状維持を望む人々が増え、短いスパンでしか事の是非を判断できなくなっているという本邦の現状を鑑みるに、日本社会そのものがPL脳に罹患しているような感覚を抱くことがあります。今、私たちに必要なのは、放っておくと衰退する既存産業や社会システムの受け皿となる「ノアの箱舟」をみずからの手で作ることであるように思われてなりません。

昭和の残滓ともいうべき過去の成功体験に固執するPL脳に引導を渡し、未来を切り拓くのは自分たちであるという気概をもつ一人ひとりが、個々に奮起する必要があるのではないでしょうか。
(中略)
本書で解説したファイナンス思考が、皆さんが活躍するうえでの理論武装の一助となれば、筆者にとってこれに勝る喜びはありません。







読書術のススメ

今週のメルマガ前半部の紹介です。
読書の秋ですね。先日の「東大読書」がなかなか興味深い内容だったので、触発されて今回は筆者なりの読書術をまとめておきたいと思います。

読書はキャリアデザインを進めるうえでも必需品ですが、忙しいビジネスパーソンにとって読書に回せる時間は有限です。いかに合理的に読むべき本を選び、効率的に読み、そして自身の血肉として蓄えるか。その方法を知ると知らないでは10年経ったら人材の差に大きなギャップが生じるはずです。

本の選び方

出版不況と言われ久しいですが、出版物の量そのものはむしろ増加気味です。自分の興味のある分野に限ってもとてもとても全部に目を通すのは不可能です。そこで、筆者は自分なりに考えたいくつかの基準で読む本を選んでいます。

【参考リンク】過去の出版点数と対前年増加率

1.経済系の本は基本的に経済系の出版社のものだけ読む

【参考リンク】デービッド・アトキンソン 新・所得倍増論

意外と知らない人が多いんですが、経済全体を論ずるような本というのは、経済系の出版社から出されたものと一般の出版社から出されたものはまったく別物です。

前者は経験豊富な経済系の編集者が厳しく内容チェックしているので一定のレベルは保証されてますが、後者は「経済誌とか読んだことないっす。普段はラノベの編集やってます」みたいなのが送り出すのでほぼ完全にノーチェックで書棚に並びます。

角が立つのでいちいち言いませんけど「これホントに金とっていいの?」レベルの本とかいっぱい出されてますね。

ただ例外もあって、既に高名な大学の先生とか経済系の出版社から何冊も出しているような人であれば手に取ることもあります。

2.(書評で)信頼できるメディアや個人がすすめているものを読む

【参考リンク】日本人を縛りつける役人の掟: 「岩盤規制」を打ち破れ!

【参考リンク】逃げられない世代

自身の好きなメディア、取り上げる本が実際に面白かったメディアで紹介されたものや、SNSやブログでフォローしている人が取り上げた本はなるべく目を通すようにしています。

筆者自身はメディアでいうと日経新聞、東洋経済、ダイヤモンドあたりを参考にしています。プレジデントも書評はなかなかいい筋してますね。

3.最後は章立てを見てイメージする

そうはいっても書評にのらない本の中にも読むべき本は存在します。ではどうやってそれを見つけるか。最後は書棚やネットの試し読みで目次を見て内容をイメージしてから判断します。

【参考リンク】町工場の全社員が残業ゼロで年収600万円以上もらえる理由

タイトルは興味あるが釣りかもしれないし、よくある中小企業のオーナーの立志伝みたいなのだったらイヤだな……まあとりあえず目次でも見て見るか。

と思って開いてみると、すぐに前後の章の2倍以上のボリュームを誇る第二章がコアであることがわかります。テーマはずばり残業。そして最終項は「大事なのは『残業代込み』の給料にすること」となっており、もうこの時点で本書が目を通すべき良書であることは明らかです。もっとも重要なテーマがコア章のラストに掲げられているわけですから。

逆に、おすすめしない本の見分け方も紹介しておきましょう。

1.著者が年一冊以上のペースで出版している


出版不況の中、出版各社は出版数を増やすことで、とりあえず取次から当座の資金を確保することが出来ます。数か月後には売れ残り分が返品されてくればその分は返金しなければならないんですが、とりあえずまた新作を出版すれば先延ばしにできます。

要は自転車操業です。これが「出版不況なのに出版数だけは増え続ける理由」ですね。

というわけで、今では編集者に「一人、月5冊以上」みたいな無茶苦茶なノルマを課している出版社が多いです。そうなると少しでもネームバリューのある書き手のところには入れ代わり立ち代わり編集者が企画を持ち込んできます。で、こんな感じでごり押しします。

「前作をこういう風にアレンジして、こんな具合のタイトルで出版しませんか?お忙しいようでしたらライターはこちらで手配します。3時間ほど口述していただく形でもかまいません」

専業の作家ならともかく、本業のある人間が年一冊以上書くのはまず不可能です。ですからそういうハイペースで書いている人の本は中身を薄めたり以前の本をアレンジしただけのものなので、手に取らない方がいいです。読むならその人が評価されるきっかけとなった昔の本にすべきでしょう。

2.読者に媚びている本

筆者が絶対に手に取らないタイプの本がこれです。お金を払って時間もかけて読む以上、それだけの価値が無いと意味がありません。価値のある情報というものは自分が持っていないものであり、往々にしてそれは耳に痛いものを含んでいます。

たとえばデブが「あなたは今のままでも十分ステキ、でも楽して痩せるダイエットがあるから教えるわ」っていう本と「おまえはまごうことなきデブだ。食事を見直しつつ有酸素運動もしろ」という本のどちらを金出して読むべきなのかは明らかでしょう。

あと「日本すげー」とか「韓国ダメー中国やべー」本もそうですね。本買って日本ってこんなに凄いんだってネタ仕入れてもあなたの価値が上がるわけではありません。中国や韓国のダメなところばかり知ってもあなた自身は何も変わりません。

経済本だと「バラマキで経済成長!」とか「日銀に国債買わせたから財政再建完了!」とかいうのがそうですね。デブに運動も食事制限も無しで楽して痩せる方法を売りつけて小銭巻き上げるのと同じ構図です。




以降、
読み進め方
本の中身を消化して吸収する方法






※詳細はメルマガにて(夜間飛行)






Q:「「担当業務への不得意」にどのように向き合うべきか」
→A:「まずは本当に不得意かどうか確認しましょう」



Q:「ポスト・モリタクをどう思います?」
→A:「21世紀にもなってまだこういう人いるのね、って感じです」





ショートショート「開き直り」







Q&Aも受付中、登録は以下から。
・夜間飛行(金曜配信予定)












書評「東大読書」





※スパム対策でコメントは停止中です。

本書はなかなか衝撃的な出だしからスタートする。

申し遅れましたが、僕の名前は西岡壱誠と言います。小学校のころから頭が悪くて、高校の合格ラインは偏差値50。歴代東大生排出数0人という無名校の学年びりで、高3のときの偏差値は35でした。


で、一念発起して東大受験をすることになった著者だが「箸にも棒にもかからず」「あっという間に2浪」してしまう。

で、入試問題を「くわしく分析」してみた著者は、ある発見をする。

東大はいくらがんばって「知識の量」を増やしても合格できない大学だったのです。というのは、東大には知識問題がほとんどありません。知識の量はあまり必要ない代わりに、最低限の知識を「うまく活用」できないと解けない問題がたくさん出題されています。


って、2浪するまで気づかなかったのかYO!

ともかく、そんな著者が全国模試で4位をとるほど劇的に成績アップし、見事に東大にも合格することが出来たという読書術について解説したのが本書である。

余談だが筆者自身はあまり「〇〇式〇〇術」みたいなのはあまり好きではない。本当に公式なものかわからないしブランドにおんぶにだっこな気がするからだ。

ただし、読み進めてみると「あーそういえば無意識のうちにやってるかも」という話がうまく論理的に説明されている。

感覚的に言うと、確かに東大レベルの人材なら本書の実践内容は無意識に60%くらいは行っているように思う。ただ、集中できずに「何度読んでも文章が頭に入ってこない」状態というのは誰にでもあって、筆者も試しにそんな状態で本書の指南どおりにいくつか実践してみたところすんなり頭に入ってきてちょっと驚いた。

そういう意味では、本を読むのが苦手な人や、苦手ではないけどよく集中力が切れて頭に入ってこないことがある、という人におすすめの一冊と言える。

仮説づくりから取材読み、整理読み等、本書の読み方のコツは複数あるが、要するに本書のメッセージは「自分の頭で考えつつ能動的に本と付き合え」という点につきる。本書を参考に、各人にあった読み方をするといいだろう。

ちなみに筆者がこうして書評を毎週一本は書く理由は、本書の以下の部分とまったく同じである。

そもそも感想とはいったい何なのでしょうか?何かを読んだり鑑賞したときに、「良かった」「悪かった」と言うだけが感想ではないはずです。読んだ内容、鑑賞した内容を噛み砕いて理解し、それに対して自分が感じたことを表明するというプロセスで、「感想」は生まれます。

それはつまり、「インプット」を噛み砕いて「アウトプット」をするという行為に他なりません。作品という「インプット」を得た上で、自ら何かを「アウトプット」したのが「感想」というわけです。

この「インプット」→「アウトプット」という過程の中で、理解は深まります。




セントメディア(派遣)

プライベートでいっさい勉強しないとどうなるの?と思った時に読む話

今週のメルマガ前半部の紹介です。
先日、以下のコラムがネットで話題となりました。

「プライベートでは一切勉強したくない」と言っていた社員のこと

要約すると「プライベートと仕事は完全に切り分けたいからプライベートでは一切勉強なんてしない」という若手プログラマーの話です。

ほとんどの社会人は「なに甘いこと言ってんだ」とか「そんなんじゃ仕事になんないぞ」的なスタンスで批判していたように思います。

ただ、本人のスタンスは、日本型雇用的にはけしてとっぴなものというわけでもありません。というわけで今回は「プライべートで仕事に関することなんて何もしたくない」問題について論じてみましょう。きっとキャリアデザインの一助となるはずです。

実は割と普通にいる「プライベートでなにもしようとしない人」

結論から言えば、「プライべートで仕事に関することは何もやらない人」というのはどこの職場にも普通に存在します。程度の違いこそあれ「本当はしたくないけど最低限のことは仕方なくやる」も含めればむしろ過半数のサラリーマンが該当すると筆者はみています。

実際、筆者の知り合いにもいっぱいいますね。新聞読まない、読書もぜんぜんしない、久々に会っても言ってることが学生時代と変わらない……etc

「おまえの友人がクズばっかりだからだ」という人もいるでしょうが、いろんな調査を見ても日本の大人の勉強しなさっぷりは顕著です。

先進国一勉強しない日本の会社員。これからの時代を生き抜くためには「学び直し」が必要だ

意外と少ない社会人の読書量、最多は約4割の0冊

というわけで、筆者は冒頭の「プライベートでは一切勉強したくない」くんは特に違和感はないですね。自分で成長していくのが前提のベンチャー企業だから目立ってしまっただけで役所とか大企業なら全然普通でしょ。

というかむしろ正直に公言するだけ見込みがある気がします。
「仕事一筋、全力投球です!」と言いつつソリティアやったりマン喫で時間つぶしてるオッサンなんていっぱいいますから。

さて、なんで日本の大人は勉強しないんでしょうか。理由は2つあります。

1.そもそも、日本企業では受け身が基本だから

意外と知らない人が多いんですが日本型雇用においては従業員は受け身が基本です。言われてから動くことが求められているんです。

「それは違う!」と怒る人もいるかもですが、じゃあ従業員が攻めの姿勢だったらどうするんですかね。たとえば配属の時に「なんで俺が埼玉支社でどぶ板営業なんだ!聞いてないぞ!」とか言ってきたらどうするんですかね(苦笑)

よく「最近の新人は指示待ち人間ばかりで情けない」みたいなことおっしゃる人事部長がいるんですけど、じゃあローテーションのたびにいちいち希望と違う、なんとかしろって人事にクレーム言われて会社がまわるんですかね。転勤だろうが残業だろうがイヤな顔一つせずに会社の指示に従う前提で、終身雇用はワークしてるんですよ。それを受け身と言わずして何と言うんでしょう。

研修だっていまだに「〇年目研修」とか「リーダー研修」とか名付けて横並びの研修やってるとこの方が多いです。それって要するに「〇年目に必要と思われるスキルを会社がつけてやる」というスタンスなわけで、従業員は受け身です。席に座っていれば仕事も必要なスキルも会社が与えてくれるんです。

日本の大人が勉強しないのはこうした背景が根本にあるわけです。

2.そもそも、報酬制度がそうなってない

それから報酬制度の問題も大きいです。サラリーマンの人で、頑張ってスキル上げて「ボス、来年からは年収2割アップしてくださいね」って上司と交渉する自身の雄姿を想像できる人っていますかね。

普通いませんね。日本企業の査定って「人事が相対評価の分布作って事業部の管理職に配布して、管理職が日頃の働きぶりをなんとなくイメージしながらABCDをだいたい勤続年数を軸に割り振ってボーナスに±10%程度の差がつく」くらいが相場です。

スキルや成果に対してメリハリつけて報奨するという制度そのものが存在しないんです。これで「言われる前に自分で勉強して身に着けろ」というのはなかなか普通の人にはムリでしょう。





以降、
プライベートで一切勉強しない人はどうなるか
プライベートを大事にしたい人がまず何よりするべきこと





※詳細はメルマガにて(夜間飛行)







Q:「賃下げもしないで会社売却って可能なんでしょうか?」
→A:「まあ厳密に言えば従業員は賃下げされる必要はないんですが…」



Q:「パワハラ、セクハラへの有効な対策とは?」
→A:「研修+事業部から独立した窓口の設置です」



雇用ニュースの深層

・定年が70歳になりそうな件

そろそろ本腰入れて「今やってる仕事=ライフワーク」にするしかないですね。だってその仕事はあなたの人生とほぼ重なるわけで。

・劣化したオッサンにならないために

60歳くらいのオジサマを見渡してみると、その人たちがどういうキャリアを経てきたのかなんとなくわかるものです。



Q&Aも受付中、登録は以下から。
・夜間飛行(金曜配信予定)





書評「amazon 世界最先端の戦略がわかる」




ふと気が付けば「アマゾン無しでは生活できない」状態になっている人は少なくないのではないか。何を隠そう筆者もその一人で、買い物の半分以上はアマゾンだしテレビ視聴時間のうちの8割くらいはアマゾンプライム(かプライム経由のネットフリックス)だ。

でも、きっと多くの人はぼんやりとした疑問も抱いているに違いない。
「アマゾンっていったいどこがどうすごいの?アマゾンはこれから社会をどう変えていくの?」

その疑問に一直線に切り込むのが本書である。

時価総額では世界2位のアマゾンだが、その割に純利益は多くはない。たとえばトヨタが200億ドル以上の純利益を出しているのに比べ、せいぜい20億ドル前後だ。理由は単純に年4000億~1兆円レベルの設備投資をせっせと続けているためだ。

なぜそれほど巨額の投資が可能なのか。謎を解くカギとなるのが「キャッシュ・コンバージョン・サイクル(CCC)」だという。これは仕入れた商品を販売し、現金化されるまでの日数だ。

たとえば出版社は卸に納品して現金化されるまでだいたい半年かかるため、出版社のCCCは180日となる。だからその間は借金でもなんでもして運転資金をまかなわないといけない。要するにCCCというのはお金に苦労する期間ということになる。

一方のアマゾンはこのCCCがマイナス28.5日となっている。どこの小売業にもある「お金に苦労する期間」がぜんぜんなく、むしろ「お金を自由にできる期間」が30日間もある、ということになる。これが巨額の投資のエンジンだ。

では、その30日を生み出す秘密とは何か。それはアマゾンが小売業者に開放しているマーケットプレイスにあるという。マーケットプレイスの商品が売れた時点で同社は売り上げを手にするが、出品業者に手数料を引いた売り上げを支払う期限をスケールメリットを生かしてかなり先に設定していると予想される。これが「お金を自由にできる期間」の正体だ。

2013年時点での試算だが、ある米在住流通コンサルタントの仮説では、預り金でアマゾンが無利子で自由に運用できる額は19億ドルに達すると指摘している。これは支払いまでの期間を2週間と仮定して計算した場合の数字だ。
(中略)
アマゾンはマーケットプレイスを運営することで、日本円にして、常時2000億円程度の自由に扱えるキャッシュを手にしていることになる。

これはあくまでも2013年時点の推論だ。マーケットプレイスが当時より拡大を続けている現在では、この金額はさらに増えているだろう。



また、巨額の設備投資により、アマゾンは世界最大の企業向けクラウドサービス提供会社としての地位を確立している。顧客にはいまやCIAもいるというから驚きだ。売上高で見ればアマゾン全体の一割程度に過ぎないが、ほぼ全社の営業利益分を一部門で稼ぎ出しているから、何で稼いでいる会社かと言われればクラウドコンピューティングの会社ですということになる。

これからアマゾンは何を目指すのか、という点でも本書は示唆に富む内容だ。たとえば完全無人コンビニの「amazon GO」だが、本書によれば、この事業の狙いは小売店の運営よりも、その無人営業システムのパッケージ販売にあるという。

まあ末端のコンビニ事業くらいはアマゾンが自分で侵略するかもしれないが、その開発したシステムはあらゆる小売店舗に導入され、販売員という職種自体が遠からず消滅する可能性もあるだろう。

と書くと「でも万引き対策はどうするんだ!」と思う人もいるかもしれないが、アンパン一個盗んだだけでアマゾンとそのシステムを使っている店舗すべてを出禁になるリスクを犯すわけだからどう考えても割に合わない。むしろ万引き被害は減るだろう。

他にもドローンを使った無人宅配等、物流をメインとしつつ、それをとっかかりに我々の生活を一変させる可能性のある同社の戦略の一端が垣間見られることだろう。

スポンサーリンク


ENTRY ARCHIVE
著作
「10年後失業」に備えるためにいま読んでおきたい話


若者を殺すのは誰か?


7割は課長にさえなれません


世代間格差ってなんだ


たった1%の賃下げが99%を幸せにする


3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代


若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来
MY PROFILE
城繁幸
コンサルタント及び執筆。 仕事紹介と日々の雑感。 個別の連絡は以下まで。
castleoffortune@gmail.com
RECENT COMMENT
SEARCH
QRコード
QRコード
お問い合わせ
お問い合わせはこちらまで