社会起業が流行る理由

今週号のダイヤモンドは「社会起業家特集」だ。
定義は難しいのだが、一定の社会貢献と収益を両立させたビジネスモデルを持つ
起業のことで、NPOと営利企業の中間的な存在と考えればいい。
一昨年あたりから話題になっている企業形態だ。いや、価値観というべきか。
こういう価値観の登場は、やはり昭和的価値観の凋落とリンクしているように思う。

90年代末以降、日本社会では2つのメッキが剥げ落ちた。
一つは企業というメッキだ。これについては特に説明は要らないだろう。
出来るだけ大きな会社に入って長く勤めた方が得だという価値観は、ある程度の
リテラシーのある人なら既にもってはいないはず。

そしてもう一つのメッキが、東京だ。
昭和の時代とは、企業の時代でもある。野口悠紀雄氏の言うように高度国防国家の
枠組みだけが生き残って高度成長国家となり、生産を軸とした社会作りがなされてきた。
雇用面でこれをサポートするのが終身雇用というフレームであり、労働者は企業に
縛り付けられ、イニシアチブは完全に企業側に握られた。総合職男子中心主義、
残業・転勤地獄といった日本名物は、企業による統治の副産物だ。

そして、それらを体現した都市こそ東京だ。企業活動のみを重視し、通勤インフラ、
労働環境などすべて犠牲にした企業都市。個人的には、あの通勤電車の詰め込みぶりこそ
昭和的価値観の象徴だと思う。

さて、2つのメッキが落ちた以上(少なくともそれに気づいた人は)もうそれらに
惑わされることは無い。企業戦士以外の生き方を、東京以外の地ですればいい。
そういった出発点から生まれた様々な生き方の一つがロハスであり、スローライフ
であり、社会起業なのだ。

本特集では、そういった若者たちのいろいろな活動が紹介される。雑誌なので網羅的
だが、興味のある人にはコチラをお進めしたい。

社会起業家に学べ! (アスキー新書 69)
今 一生
アスキー・メディアワークス

このアイテムの詳細を見る

困った時の○○頼み

本日、日経の春秋欄に「創業家のメリット」について書かれている。
不況時に錦の御旗で乗り切ろうという解説だ。
面白いので人事的に解説。

言うまでも無く、こういう話題が出るくらいだから、上場企業のほとんどは
内部昇格社長である。つまり、サラリーマンの出世競争でタイトルを手にした
キング・オブ・サラリーマンというわけだ。

彼らは堅実で合理的と言うサラリーマンらしい長所を持つが、同時に
「組織の論理に弱い」というサラリーマン的短所も強烈に持っている。
そりゃそうだろう、年功序列という連続性の中で勝ち上がってきたわけだから。
結果、先輩の顔に泥を塗るような改革や、元上司に引導を渡すようなリストラは
やりたがらない。

それに、サラリーマン生活の最後のご奉公として社長を務めている人が大半なので、
汚れ役をするよりは先送りで誤魔化そうとする人が多いのも事実。

その点、年功序列と別の論理で昇格してきた創業家出身者は、上下とのしがらみが
少ない存在だ。さらにいえば、今でもちょこっとは一族で株を持っているものなので
ゴーイングコンサーンを意識した経営をする傾向がある。
もちろんアホだとしょうがないので、一族の中でそれなりの選抜と教育を行なっている
ことが大前提だが。

ところで、こういった創業家の駒を持たない企業は、危機に際してどう手をうつのか。
外部から年功序列的しがらみの無い人材をスカウトしてきたのがソニーであり、
年功序列的しがらみの最上位に位置するベテランを引っ張り出してきたのが日立と
いうわけだ。

製造業派遣規制の是非

以前、議論になっていて引き取った「製造業への派遣禁止問題」について。
つまるところ、プロセスの問題ではないかと感じている。
派遣自体を規制してから同一労働同一賃金の議論をするか、その逆か。

確かに「既得権見直しは難しいので、ただの現状追認にしかならないんじゃないか?」
という声もある。
だが、そういう人は「失業者を100万人単位で増やせば、雇用改革の後押しになる」
と言っているようにしか聞こえないのだが…
僕には、派遣労働者の多数が“それ”を望んでいるとはとうてい思えない。
当の派遣労働者のユニオンも、再規制には反対の立場だった。

たとえば、である。工場の前で解雇撤回を求める人たちや、派遣村に集まった人たちに
「クビを受け入れろ、正社員でしか働くべきではないのだから」
と言えるだろうか?僕はちょっと言えない。

余談だが、件の派遣村は途中から明らかに“迷走”したように思う。
当初、彼らは安易な解雇に反対し、「雇用の維持」を求めていた。
これは関係者があちこちのメディアで言っていたことでもあり、僕もまずはそれが
筋だと思う。

理解できないのは、なぜか途中から逆方向に流され出し、「派遣禁止」自体を
アピールしはじめたことだ。
まあ好意的に解釈するなら、善意のグループに政治的利用をもくろむグループが
合流し、流れを変えてしまったのだろう。

僕は賃金制度のゼロリセットを主張しているが、世の中には、規制の秩序すべてを
ゼロリセットしようとする勢力がいるということに留意すべきだろう。

たった1%の賃下げが99%を幸せにする 雇用再生へのシナリオ

たった1%の賃下げが99%を幸せにする
城 繁幸
東洋経済新報社

このアイテムの詳細を見る


新刊の紹介。
『たった1%の賃下げが99%を幸せにする 雇用再生へのシナリオ』
来週頭頃には書店に並び始めると思われる。

ベースとなっているのは、07~08年にかけて週刊東洋経済に連載したもの。
単行本にまとめる作業に加え、連載終了後の半年の間に社会・経済情勢が激変したため、
あれもこれもと筆を加えているうちに09年になってしまった。

まあ、その分かなり濃ゆい内容に仕上がっていると思われるので、問題意識のある方には
読み応えのある内容だと思う。

【強くオススメしたい人】
・卒業時期で人生が決まるのはおかしいと感じている氷河期世代の人
・男性社員との間に『ガラスの天井』を感じている女性
・同じ仕事内容なのに、正社員との給料較差に疑問を感じている非正規雇用の人
・硬直しきった人事でポストが空かず、閉塞感にさいなまれる3、40代
・これから社会に出て行くことに不安を抱いている学生諸君
・フリーター系の労組に加盟しているが、憲法改正反対のデモをしても雇用問題は
 解決しないんではないかと感じている人。
・会社にしがみつくことに疑問を感じ始めた中高年
・もう単純に、今の日本はなんでこんなに生きにくいんだろうと感じている人

【取り扱いに注意が必要な方】
・赤旗を定期購読している。
・経団連の事務所の奥にはでっかい金庫があって、200兆円も小判が溜め込まれて
 いると信じている。
・再来年あたり、森永卓郎がノーベル経済学賞をとるような気がしている。
・福島みずほは今でもマドンナだと思う。

引きこもって生きるか、誰かのために死ぬか…


雑誌記事や書籍のタイトルというのは、奥が深い。
実はそのほとんどは、著者ではなく編集者が決めている。
内容を一言で表すのはもちろん、マーケティングの要素も強いので、そういった
トレーニングを積んでいる人間でないとお話にならないためだ。
そういう意味ではコピーライター的センスと言った方がいいかもしれない。

ちなみに僕自身の本もそう。最初は「なんだかなぁ」と思っても、後から思い返すと
しっくりくるから不思議なものだ。

さて、世の中には、そういったセンス溢れるタイトルネーミングが、肝心の内容を
圧倒してしまっている作品も数多い。
たいてい注視すればわかるものだが、時に気づかずに踏んでしまう。
今回紹介するのは、そんな珠玉の一品だ。

まずタイトルが凄い。本家ランボーの新作がプチヒットしたからといって、80年代の
低予算映画に「死神ランボー」と名前付けて売り出しちゃう図太さ。
きっとアレだろう、クレーム付けられたら「詩人の方だ!」とか言うんだろう。
しかも、キャッキコピーが泣かせる。

かつて、地獄のような戦場で“死神”と恐れられた男。
しかし、祖国アメリカに帰ってきた男を待ち受けていたのは、
格差社会という新たな戦場だった。


しかもパッケージには掲題の刺激的なコピーも踊る。
「格差社会」とか「引きこもり」とか、いろんなキーワードを巧みに織り込んでいる
のがよくわかる。
映画の内容と全然関係ないのは言うまでもない。

僕は仕事柄こういうキーワードには反応してしまうので、ぱくっと食いついちゃった
わけだ。参りました。

え?映画の内容はどうかって?
まあ、タイトルセンスとのギャップを楽しみたいマゾな方にはオススメですね、ハイ。
スポンサーリンク


ENTRY ARCHIVE
著作
「10年後失業」に備えるためにいま読んでおきたい話


若者を殺すのは誰か?


7割は課長にさえなれません


世代間格差ってなんだ


たった1%の賃下げが99%を幸せにする


3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代


若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来
MY PROFILE
城繁幸
コンサルタント及び執筆。 仕事紹介と日々の雑感。 個別の連絡は以下まで。
castleoffortune@gmail.com
RECENT COMMENT
SEARCH
QRコード
QRコード
お問い合わせ
お問い合わせはこちらまで