東芝ってどうして今さら自社株を社員に買わせてるの?と思った時に読む話

今週のメルマガの前半部の紹介です。先日、経営危機で上場維持の危ぶまれている東芝が、自社株の購入を従業員にすすめていることが話題となりました。先行きの全く見通せない中で新たに買わせるとはどういうことかと従業員も怒っているそうです。そりゃそうですね、既に持ってる分も大損でしょうし。

【参考リンク】東芝、社員に自社株購入呼び掛け 下落で含み損…「モラル疑う」と反発

ただし、会社として悪意があったかというと筆者はそうは思いません。まして社員に買い支えさせるとか何かの踏み絵にするなんて意図も皆無でしょう。では、なぜこのタイミングで自社株買いの呼びかけをしたのか。単に「何にも考えてなかったから」というのが答えでしょう。

今回の件からは、大組織が陥りやすい体質的な問題がうっすらと浮かんで見えます。そしてそれは、個人のキャリアデザインとも直接的につながる重要なテーマでもあります。良い機会なのでまとめておきましょう。

大組織によくいる「何も考えずに行動する人たち」

大組織には「頭を使って考えずに仕事をする人たち」というのが一定数存在します。と書くと「犬や猫じゃあるまいし、そんなの無理だよ」と思う人もいるかもしれませんが、ここで言う「頭を使う」というのは、新しいこと、まだ起きていないことについて考える、思いを巡らせる、くらいの意味です。

たとえば、こういうことです。毎月、社内の関連部署から数字を拾ってエクセルに突っ込んで、いつも役員に提出しているレポートの数字と日付だけちょろっと更新して部課長のハンコもらって提出する仕事は、上記の定義で言うと「考えない仕事」になります。たぶん二日酔いや風邪で頭ふらふらでもできますし、アシスタントに30分くらいレクチャーすればやってもらえるでしょう。

一方、「〇〇事業部は異常に残業時間が多いから面談して体調チェックしつつ、長時間残業発生の原因も調査して対策を講じる」とか「社内で40代のメンタルトラブルが急増しているため原因の調査と対策を考える」なんて仕事は、これから手を付けないといけないから上記で言う「考える仕事」なわけです。

営業でいえば、既存の取引先を回ってお茶飲んで帰る仕事が前者、見積書を作って新規開拓を目指して飛び込み営業するのが後者になりますね。その人の業務の中でどれくらい考えない仕事が占めるのかは人によりますが、筆者の感覚で言うと、大組織の業務の半分くらいは、考えない仕事、いわゆるルーチンワークが占めているように感じます。

フォローしておくと、通常業務がルーチン化されているというのは素晴らしいことでもあります。その会社の技術力や看板といった要素が高く評価されている証拠ですから。ただし、変化に対して、時にそうした組織は脆弱さを露呈します。今回の件も、先行きも全く読めない中で自社株買いの募集をかければどうなるのか想像しないまま、本社管理部門が決められた手順にのっとっていつものようにルーチンワークしてしまったというだけの話でしょう。この業務に関しては誰も「考えてなかった」ということです。

ではなぜ、人は組織の中では考えることを辞めるのでしょうか。実は終身雇用というのはそれ自体、考えないまま決められたやり方でひたすら前例踏襲する人材を量産する装置でもあります。大きなリターンもクビになるリスクもない環境では、それがもっとも合理的な行動だからです







以降、
大企業病の正体とは何か
無風組織の中でいかにして活力ある人材であり続けるか






※詳細はメルマガにて(夜間飛行)







Q:「海外勤務で人材価値を高めるポイントは?」
→A:「とりあえず日本人以外と苦労することです」



Q:「最低限の仕事ができるかどうか面談でチェックする方法は?」
→A:「コミュニケーション能力や協調性の有無を感じ取ってください」







ショートショート「40年後の日本」







Q&Aも受付中、登録は以下から。

・夜間飛行(金曜配信予定)











「小さな巨人」は第二の半沢になるか

録画しておいたTBS日曜21時~のドラマ「小さな巨人」が非常に面白かったので紹介。

警視庁のエリート刑事だった香坂(長谷川博己)はちょっとしたミス(というより上司にハメられて)所轄の芝警察署に左遷。これまで馬鹿にしていた地回りの所轄の一課長として、泥臭い現場を足で回る立場になる。顎で使っていた連中に混じって、自分が顎で使われる側になったわけだ。

というのが第一回。

練りこまれた脚本と実力派で固めたキャストで、組織と個人の葛藤、因縁の上司との対決が描かれる。書いててそのまんま半沢直樹である。プロデューサーも同じ福澤さんだし。

というか、香川照之がまったく同じ役どころで出ている(笑)

普通、よほどの自信がないとこういう被りはしないでしょ。アレと比較されるわけだから。というわけで間違いなく今期一番の注目作品だろう。


で、もう一つ気づいた点。

筆者はいろいろドラマやら映画やら見ていて、なぜか岡田将生を3本に1回くらいは目にする機会があって、なんだか知らないけど売れてるあんちゃんだなあくらいの感想しかなかったのだが、本ドラマを見てなんとなく理由がわかった。

重厚な脚本と実力派キャストで固めればある程度のクオリティは維持できるだろうが、若年層が見ないとスポンサー枠が埋まらない。といってアイドルばっかりで固めると数字が爆死するはめになる。若手イケメン枠かつベテラン勢に混じっても存在感の出せる岡田将生は、作り手からすればとても使い勝手の良い役者さんなのだろう。


書評「大鮃(おひょう)」

大鮃(おひょう)
藤原 新也
三五館
2016-12-21




物語は、主人公が精神科医のカウンセリングを受けるシーンから始まる。

31歳になる主人公はオンラインゲーム中毒で、休日には20時間以上ぶっ続けでパソコンに向かうほどの重症だ。本人はそうなってしまう理由として、自分に対する自信の無さを挙げる。自立した男としての自覚も自信もなく、31歳になっても異性と良好な関係が築けない。かつて人生で一度だけ付き合った彼女からは「あなたの優しさは強さからくる優しさではなく、弱さからくる優しさだと思います」と捨て台詞を残されて去られてしまったほど。

そういう実社会での弱さをカバーするために、ゲームでの過酷な戦いを重ね、男としての強さを取り戻そうとしているのだと、おぼろげながら感づいているためだ。

そして、カウンセリングを通じ、その弱さの原因は主人公の中の父親像の欠如にあることが明らかとなる。6歳の頃に父親と死別して以来、主人公は父親という存在を知らぬまま成長してきた。

そうした傾向は、現在の青年層に顕著にみられるものだとカウンセラーは述べる。

「いや個人主義というものが集団の中で機能している西欧の場合と日本とでは異なります。戦後にあっても日本型の集団はかつての家族主義や武家社会の滅私奉公の遺伝子を色濃く引きずっており、ひとたび集団に帰属すると、そこでは個人が抹殺される傾向にあります。日本の雇用制度が長い間、終身雇用、年功序列だったことがそのことをよくあらわしています。
(中略)
そういう日本独自の就労環境の中で男性が男性性を維持することが難しくなったということです」



カウンセラーは主人公に「どこかに実際に旅をしてみれば、ゲームでは見つけられなかった強さを見つけられるかもしれない」とアドバイスし、旅の目的地として、父親の出身地である英国オークニー諸島をすすめる。

スコッチ好きなら「ハイランドパーク蒸留所のある島」として名前くらいは聞いたことがあるだろう。逆に言えばそれくらいしか見所のない、北風のふきすさぶ寂れた島だ。

あらかじめ手配していたガイドに会った主人公は、その異様な風体に不安を抱く。よれよれの服を着て、一見するとまるでホームレスにすら見える80代の老人だったからだ。この老人に本当に一週間のガイドがつとまるのだろうか。
不安を抱きつつ、老人の運転する60年もののオンボロ車に乗って、青年の自分探しの旅が始まる。

島での様々な非日常的体験を通じ、徐々に主人公の心境に変化が生じていく。そんな彼に、老人は自身の意外な過去について語り始めるのだった。


筆者の周囲にも「子どもと遊ぶより一人でゲームしている方が楽しい」と言って一人ゲームに向かう同世代は何人もいるから思い当たる節はある。どうやら幼少時の経験というのは自身が子育てに回る際に影響してしまうものらしい。そういう意味では本書は、企業戦士として人生を全うした最初の世代である団塊と、その子供たちである団塊ジュニアをイメージしているようにも思われる。

子育てに悩める世代におススメしたい一冊だ。



40年後の日本は案外楽しい国になっているかもしれない

永江氏の「誰でも想像できる40年後の日本はこんな感じ・・・」がなかなか興味深く、各所で話題となっているようなので何点かフォロー。

こういった将来は以前から指摘されていることなので恐らく不可避だろう(筆者も以前に書評で同じテーマに触れたことがある)。


ただ、個人的には以下のような理由から、それはそれでそんなに恐れおののくほどのことでもないんじゃないかと考えている。


・とりあえず職には困らない

働き手と養われる側がほぼ一対一という人類史上初の人口構成になるため、極端な労働力不足が慢性化することになる。確かに景気は悪いだろうが失業率も異様に低い状態が続くだろうから、食うには困らない。というか、もうそういう状況は出現しつつあるように思う。ほら、今だって「バブル期並みの求人倍率!自殺率も低下!」って大本営発表してるけどほとんどの国民は景気がいいなんて実感しちゃいないでしょ?ある意味、退屈な平和ともいえる。


・動けなくなって野垂れ死にするのは生物としては普通

「でも、年金も生活保護も無くなったら老後は野垂れ死にしちゃうじゃないか!」と思う人もいるだろうが、そもそも体動かなくなったら野垂れ死にするのは生物としては普通のことだ。人間が動けなくなっても病院でチューブにつないでもらって心臓が動く限り延命してもらえるようになったのはここ数十年の話だから、心配はいらない。ちょっと昔の生活に戻るだけの話だ。


・考えようによってはワクワクするような暮らしが可能

東京とか名古屋とか大阪とか福岡とか、そういう一部の大都市に人口が集約し、その周辺に都市内部には住めない貧乏老人がスラムを作って暮らし、その他の地方はほとんど人の住まない廃墟になると思われる。

でも、そういう生活も考えようによっては悪くはない。筆者はまだ体が動くうちにそういう事態になったとしたら、たぶん八ヶ岳あたりに夏用の、静岡か高知あたりに冬用の別宅を買って、畑仕事や釣りをして余生を満喫すると思う。

「そんな余生が送れるのは一部の富裕層だけだろう」と思う人もいるかもしれないが、そんなことはない。地方の空き家なんて二束三文で手に入るだろうから、築古の民家を買って10年くらいで使い捨てにすればいい話。犬でも猫でも飼い放題だ。そこまで極端な場所に行かなくても、ぎりぎりインフラが通っている郊外に安い庭付きの家を買い、半自給自足的生活を送る人たちは若い世代の中にも出てくるのではないか。

もう一つ、意外に未来が明るいんじゃないかと思う理由もある。あるのかないのか分からん社会保障の破たんが明らかになったら、子孫の有無がすごく重要になってくるから出生率も回復するかもしれない。

「結婚なんてメリットないもん」とか「結婚は人生の墓場」とか斜に構えてた老人が路上でばたばた野垂れ死んでるのを見た未来の若者たちは、せっせと婚活に励んでくれることだろう。





なんで氷河期世代と違って“てるみくらぶ内定者”は難民化しないの?と思った時に読む話

今週のメルマガ前半部の紹介です。50名におよぶ内定者を抱えたまま経営破たんした“てるみくらぶ”が問題となっています。そりゃそうですね。人生で一度しか使えない新卒カードをきって乗り込んだら、卒業までひと月切ったところで轟沈してしまったわけですから。

それさえあればあらゆる業種が無条件で採用の門戸を開けてくれる新卒カード。上手くやれば“終身雇用”という人生丸抱えレールの始発に乗ることさえできます。逆にそれを失ってしまえばどうなるかは、2000年前後の就職氷河期世代のオッチャン達が身をもって証明してくれています。要するに日本における新卒というのは、その人がそれからどういう人生を送るかが決まってしまうとても重要なタイミングなわけです。

【参考リンク】「中年フリーター」のあまりにも残酷な現実 就職氷河期世代が今、割を食わされている

ところが、なんと200社を超える企業から「ぜひうちで採りたい!」というオファーが殺到しているとのこと。4月1日は無理でも、たぶん4月中にはめでたく全員はけていることでしょう。

【参考リンク】てるみくらぶ内定者58人、200社が「争奪戦」

さて、賢明な読者の中には、きっとこんな疑問を持った人もいるはず。
「氷河期世代と今の内定者って、なんでこんなに扱いが違うの?」

アベノミクスのおかげだ!という人もいるでしょうけど、もうちょっと深い構造的な事情もあります。なぜ今の学生は会社がとんでもさくっと救済されるのか。そして、そもそも就職氷河期世代とは何だったのか。今回は雇用と世代についてまとめておきましょう。

氷河期世代とはなんだったのか

日本は基本的に一度正社員になってしまった人の解雇は出来ないルールなので、雇用調整は新卒採用数の増減で行います。たとえば1991年というのは新卒採用のピークで、どこの大企業も500人以上(!)も採用しまくっていましたが、バブル崩壊がはっきりした92、93年あたりでは少なくない数の企業で新卒採用そのものが見送られました。大型クルーザーや温泉旅館を借り上げてコンパニオン付きの宴会までさせて内定者の囲い込みしてたのが、いきなり採用ゼロになるわけです。まさに天国と地獄ですね。

余談ですけど、いまでも大企業の現場では50歳くらいでぜんぜん聞いたことのない大学出身のオジサンが生息していますが、あれはまさに500人以上バカスカ採ってた時代にザル入社できた幸運児の現在の姿です。「石の上にも30年」と言われるほど定着率の良い世代でもあります。

「こんなに採ってこれからどうするんだ!」
「能力的にも微妙だし、年功序列で出世なんてさせられないぞ」

という具合に、実は彼らのボリューム感こそが、その後の日本企業の人事制度見直しのきっかけとなってたりします。

バブル崩壊後、途中にITバブルの盛り上がりはあったものの、小泉政権が不良債権処理を断行する2005年あたりまで、日本経済は長い長い停滞期にありました。終身雇用という特性上、その波は新卒採用数の抑制という形で押し寄せたわけです。

一方、もう一つの波もあります。それは人口です。いわゆる団塊ジュニアと呼ばれる世代が、運悪く、停滞期にモロに被る形で、90年代後半から世に出始めます。新成人数でいうと94年で207万人というボリュームです。関関同立、MARCH以上なのに50社以上受けても内定が取れない、なんて学生のインタビューがメディアにぞろぞろ出てきたのはこの頃ですね。

まとめると、90年代半ば~00年代前半に世に出た世代は、新卒採用数の波と人口の波、この2つに挟まれた結果、元祖・就職氷河期世代と呼ばれるようになったわけです。

jinkou















フォローすると、時代も良くなかったですね。今でこそ「卒業後2年は既卒扱いをやめる」というような大企業もチラホラ出ていますが、当時はそんな風潮は皆無でした。現在のサービス業などでは正規と非正規の垣根はだいぶ薄れていますが、当時は厳然とした線引きが存在していました。

与野党の政策も迷走気味で、「派遣労働は上限3年」として、結果的に派遣労働者を3年ごとにぐるぐる漂流させて付加価値の高いキャリアを積む機会を喪失させてしまいました。2013年からは有期雇用全体に上限5年のルールが適用され、これらの悪法が正社員と非正規雇用労働者の賃金格差を拡大、固定化させる大きな要因となっています。

先述の東洋経済の記事にあるような「中年フリーターの残酷な現実」のかなりの部分は、こうした政策の迷走による“人災”だというのが筆者の見方です。

さて、一方の“てるみ内定者”はどうでしょうか。まず求人数の波ですが、実はアベノミクス云々は関係なく団塊世代が完全引退し始めた2014年あたりから急激に回復しています(言い換えればやはり団塊世代を養うためにそれまでの求人は抑制されていたわけです)。

そして人口の波ですが、こちらも90年代半ばをピークに一貫して減少し続け、2010年以降はなんと年120万人台、ピーク時の6割にとどまっています。氷河期世代とは逆に、2つの波は“てるみ内定者”を強力にアシストしてくれたわけです。






以降、
世代によるブレを少なくする処方箋
氷河期世代は、これから移民の議論を進めていくうえで忘れてはいけない教訓である








※詳細はメルマガにて(夜間飛行)







Q:「東芝の社員ですが転職が恐ろしいです」
→A:「どっちにしろ今までと全く同じ、というわけにはいかないでしょう」




Q:「ダイバーシティの実現には何から着手すべきでしょうか?」
→A:「とりあえず現状とニーズのヒアリングから始めてみるといいでしょう」





雇用ニュースの深層


東芝半導体事業買収に名乗り出てきた日本連合が想像以上にしょぼい件

一社当たりの金額を見るに、リスク取りたくない、勝てる気もしない、かといって経産省とケンカもしたくないという性根がすけてみえます。



長島議員の民進党離党が要注目なわけ

蓮舫体制というのは頭空っぽの代表の左右に議員がぶら下がることでバランスをとるという不思議な構造だったんですが、安保分野の右側が抜けたことで一気にバランスが崩れる可能性があります。




他。



Q&Aも受付中、登録は以下から。

・夜間飛行(金曜配信予定)





スポンサーリンク


ENTRY ARCHIVE
著作
「10年後失業」に備えるためにいま読んでおきたい話


それゆけ!連合ユニオンズ[上]


若者を殺すのは誰か?


7割は課長にさえなれません


世代間格差ってなんだ


たった1%の賃下げが99%を幸せにする


3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代


若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来
MY PROFILE
城繁幸
コンサルタント及び執筆。 仕事紹介と日々の雑感。 個別の連絡は以下まで。
castleoffortune@gmail.com
RECENT COMMENT
SEARCH
QRコード
QRコード
お問い合わせ
お問い合わせはこちらまで