書評「東大読書」





※スパム対策でコメントは停止中です。

本書はなかなか衝撃的な出だしからスタートする。

申し遅れましたが、僕の名前は西岡壱誠と言います。小学校のころから頭が悪くて、高校の合格ラインは偏差値50。歴代東大生排出数0人という無名校の学年びりで、高3のときの偏差値は35でした。


で、一念発起して東大受験をすることになった著者だが「箸にも棒にもかからず」「あっという間に2浪」してしまう。

で、入試問題を「くわしく分析」してみた著者は、ある発見をする。

東大はいくらがんばって「知識の量」を増やしても合格できない大学だったのです。というのは、東大には知識問題がほとんどありません。知識の量はあまり必要ない代わりに、最低限の知識を「うまく活用」できないと解けない問題がたくさん出題されています。


って、2浪するまで気づかなかったのかYO!

ともかく、そんな著者が全国模試で4位をとるほど劇的に成績アップし、見事に東大にも合格することが出来たという読書術について解説したのが本書である。

余談だが筆者自身はあまり「〇〇式〇〇術」みたいなのはあまり好きではない。本当に公式なものかわからないしブランドにおんぶにだっこな気がするからだ。

ただし、読み進めてみると「あーそういえば無意識のうちにやってるかも」という話がうまく論理的に説明されている。

感覚的に言うと、確かに東大レベルの人材なら本書の実践内容は無意識に60%くらいは行っているように思う。ただ、集中できずに「何度読んでも文章が頭に入ってこない」状態というのは誰にでもあって、筆者も試しにそんな状態で本書の指南どおりにいくつか実践してみたところすんなり頭に入ってきてちょっと驚いた。

そういう意味では、本を読むのが苦手な人や、苦手ではないけどよく集中力が切れて頭に入ってこないことがある、という人におすすめの一冊と言える。

仮説づくりから取材読み、整理読み等、本書の読み方のコツは複数あるが、要するに本書のメッセージは「自分の頭で考えつつ能動的に本と付き合え」という点につきる。本書を参考に、各人にあった読み方をするといいだろう。

ちなみに筆者がこうして書評を毎週一本は書く理由は、本書の以下の部分とまったく同じである。

そもそも感想とはいったい何なのでしょうか?何かを読んだり鑑賞したときに、「良かった」「悪かった」と言うだけが感想ではないはずです。読んだ内容、鑑賞した内容を噛み砕いて理解し、それに対して自分が感じたことを表明するというプロセスで、「感想」は生まれます。

それはつまり、「インプット」を噛み砕いて「アウトプット」をするという行為に他なりません。作品という「インプット」を得た上で、自ら何かを「アウトプット」したのが「感想」というわけです。

この「インプット」→「アウトプット」という過程の中で、理解は深まります。




セントメディア(派遣)

プライベートでいっさい勉強しないとどうなるの?と思った時に読む話

今週のメルマガ前半部の紹介です。
先日、以下のコラムがネットで話題となりました。

「プライベートでは一切勉強したくない」と言っていた社員のこと

要約すると「プライベートと仕事は完全に切り分けたいからプライベートでは一切勉強なんてしない」という若手プログラマーの話です。

ほとんどの社会人は「なに甘いこと言ってんだ」とか「そんなんじゃ仕事になんないぞ」的なスタンスで批判していたように思います。

ただ、本人のスタンスは、日本型雇用的にはけしてとっぴなものというわけでもありません。というわけで今回は「プライべートで仕事に関することなんて何もしたくない」問題について論じてみましょう。きっとキャリアデザインの一助となるはずです。

実は割と普通にいる「プライベートでなにもしようとしない人」

結論から言えば、「プライべートで仕事に関することは何もやらない人」というのはどこの職場にも普通に存在します。程度の違いこそあれ「本当はしたくないけど最低限のことは仕方なくやる」も含めればむしろ過半数のサラリーマンが該当すると筆者はみています。

実際、筆者の知り合いにもいっぱいいますね。新聞読まない、読書もぜんぜんしない、久々に会っても言ってることが学生時代と変わらない……etc

「おまえの友人がクズばっかりだからだ」という人もいるでしょうが、いろんな調査を見ても日本の大人の勉強しなさっぷりは顕著です。

先進国一勉強しない日本の会社員。これからの時代を生き抜くためには「学び直し」が必要だ

意外と少ない社会人の読書量、最多は約4割の0冊

というわけで、筆者は冒頭の「プライベートでは一切勉強したくない」くんは特に違和感はないですね。自分で成長していくのが前提のベンチャー企業だから目立ってしまっただけで役所とか大企業なら全然普通でしょ。

というかむしろ正直に公言するだけ見込みがある気がします。
「仕事一筋、全力投球です!」と言いつつソリティアやったりマン喫で時間つぶしてるオッサンなんていっぱいいますから。

さて、なんで日本の大人は勉強しないんでしょうか。理由は2つあります。

1.そもそも、日本企業では受け身が基本だから

意外と知らない人が多いんですが日本型雇用においては従業員は受け身が基本です。言われてから動くことが求められているんです。

「それは違う!」と怒る人もいるかもですが、じゃあ従業員が攻めの姿勢だったらどうするんですかね。たとえば配属の時に「なんで俺が埼玉支社でどぶ板営業なんだ!聞いてないぞ!」とか言ってきたらどうするんですかね(苦笑)

よく「最近の新人は指示待ち人間ばかりで情けない」みたいなことおっしゃる人事部長がいるんですけど、じゃあローテーションのたびにいちいち希望と違う、なんとかしろって人事にクレーム言われて会社がまわるんですかね。転勤だろうが残業だろうがイヤな顔一つせずに会社の指示に従う前提で、終身雇用はワークしてるんですよ。それを受け身と言わずして何と言うんでしょう。

研修だっていまだに「〇年目研修」とか「リーダー研修」とか名付けて横並びの研修やってるとこの方が多いです。それって要するに「〇年目に必要と思われるスキルを会社がつけてやる」というスタンスなわけで、従業員は受け身です。席に座っていれば仕事も必要なスキルも会社が与えてくれるんです。

日本の大人が勉強しないのはこうした背景が根本にあるわけです。

2.そもそも、報酬制度がそうなってない

それから報酬制度の問題も大きいです。サラリーマンの人で、頑張ってスキル上げて「ボス、来年からは年収2割アップしてくださいね」って上司と交渉する自身の雄姿を想像できる人っていますかね。

普通いませんね。日本企業の査定って「人事が相対評価の分布作って事業部の管理職に配布して、管理職が日頃の働きぶりをなんとなくイメージしながらABCDをだいたい勤続年数を軸に割り振ってボーナスに±10%程度の差がつく」くらいが相場です。

スキルや成果に対してメリハリつけて報奨するという制度そのものが存在しないんです。これで「言われる前に自分で勉強して身に着けろ」というのはなかなか普通の人にはムリでしょう。





以降、
プライベートで一切勉強しない人はどうなるか
プライベートを大事にしたい人がまず何よりするべきこと





※詳細はメルマガにて(夜間飛行)







Q:「賃下げもしないで会社売却って可能なんでしょうか?」
→A:「まあ厳密に言えば従業員は賃下げされる必要はないんですが…」



Q:「パワハラ、セクハラへの有効な対策とは?」
→A:「研修+事業部から独立した窓口の設置です」



雇用ニュースの深層

・定年が70歳になりそうな件

そろそろ本腰入れて「今やってる仕事=ライフワーク」にするしかないですね。だってその仕事はあなたの人生とほぼ重なるわけで。

・劣化したオッサンにならないために

60歳くらいのオジサマを見渡してみると、その人たちがどういうキャリアを経てきたのかなんとなくわかるものです。



Q&Aも受付中、登録は以下から。
・夜間飛行(金曜配信予定)





書評「amazon 世界最先端の戦略がわかる」




ふと気が付けば「アマゾン無しでは生活できない」状態になっている人は少なくないのではないか。何を隠そう筆者もその一人で、買い物の半分以上はアマゾンだしテレビ視聴時間のうちの8割くらいはアマゾンプライム(かプライム経由のネットフリックス)だ。

でも、きっと多くの人はぼんやりとした疑問も抱いているに違いない。
「アマゾンっていったいどこがどうすごいの?アマゾンはこれから社会をどう変えていくの?」

その疑問に一直線に切り込むのが本書である。

時価総額では世界2位のアマゾンだが、その割に純利益は多くはない。たとえばトヨタが200億ドル以上の純利益を出しているのに比べ、せいぜい20億ドル前後だ。理由は単純に年4000億~1兆円レベルの設備投資をせっせと続けているためだ。

なぜそれほど巨額の投資が可能なのか。謎を解くカギとなるのが「キャッシュ・コンバージョン・サイクル(CCC)」だという。これは仕入れた商品を販売し、現金化されるまでの日数だ。

たとえば出版社は卸に納品して現金化されるまでだいたい半年かかるため、出版社のCCCは180日となる。だからその間は借金でもなんでもして運転資金をまかなわないといけない。要するにCCCというのはお金に苦労する期間ということになる。

一方のアマゾンはこのCCCがマイナス28.5日となっている。どこの小売業にもある「お金に苦労する期間」がぜんぜんなく、むしろ「お金を自由にできる期間」が30日間もある、ということになる。これが巨額の投資のエンジンだ。

では、その30日を生み出す秘密とは何か。それはアマゾンが小売業者に開放しているマーケットプレイスにあるという。マーケットプレイスの商品が売れた時点で同社は売り上げを手にするが、出品業者に手数料を引いた売り上げを支払う期限をスケールメリットを生かしてかなり先に設定していると予想される。これが「お金を自由にできる期間」の正体だ。

2013年時点での試算だが、ある米在住流通コンサルタントの仮説では、預り金でアマゾンが無利子で自由に運用できる額は19億ドルに達すると指摘している。これは支払いまでの期間を2週間と仮定して計算した場合の数字だ。
(中略)
アマゾンはマーケットプレイスを運営することで、日本円にして、常時2000億円程度の自由に扱えるキャッシュを手にしていることになる。

これはあくまでも2013年時点の推論だ。マーケットプレイスが当時より拡大を続けている現在では、この金額はさらに増えているだろう。



また、巨額の設備投資により、アマゾンは世界最大の企業向けクラウドサービス提供会社としての地位を確立している。顧客にはいまやCIAもいるというから驚きだ。売上高で見ればアマゾン全体の一割程度に過ぎないが、ほぼ全社の営業利益分を一部門で稼ぎ出しているから、何で稼いでいる会社かと言われればクラウドコンピューティングの会社ですということになる。

これからアマゾンは何を目指すのか、という点でも本書は示唆に富む内容だ。たとえば完全無人コンビニの「amazon GO」だが、本書によれば、この事業の狙いは小売店の運営よりも、その無人営業システムのパッケージ販売にあるという。

まあ末端のコンビニ事業くらいはアマゾンが自分で侵略するかもしれないが、その開発したシステムはあらゆる小売店舗に導入され、販売員という職種自体が遠からず消滅する可能性もあるだろう。

と書くと「でも万引き対策はどうするんだ!」と思う人もいるかもしれないが、アンパン一個盗んだだけでアマゾンとそのシステムを使っている店舗すべてを出禁になるリスクを犯すわけだからどう考えても割に合わない。むしろ万引き被害は減るだろう。

他にもドローンを使った無人宅配等、物流をメインとしつつ、それをとっかかりに我々の生活を一変させる可能性のある同社の戦略の一端が垣間見られることだろう。

「求む、〇〇をぶっ壊す人」みたいな求人を見かけた時に読む話

今週のメルマガ前半部の紹介です。
昨年に「2万人リストラ計画」を発表してメガバンク・リストラ競争の火ぶたを切ったみずほ銀行ですが、今回またも新卒採用の抜本的な見直しをぶち上げてきました。

【参考リンク】求む「みずほをぶっ壊す人」

「ぶっ壊す」なんて物騒な言葉がメガバンクトップから出てくるのはすごいですね!数年前だったら想像もつかないほどのイケイケぶりです。

さて、これで本当にみずほは生まれ変わるんでしょうか。「よし!俺がぶっ壊してやる!」と思った学生は挑戦する価値があるんでしょうか。

「ぶっ壊してくれ」と考える人たちのホンネ

一見するとすごく思い切った改革プランのように見えますが、実は「採用方針の見直し」というのは、もっともハードルの低いお手軽改革プランです。

なぜか。誰の既得権にもぶつからずだれも反対しないからです。たとえば「年功序列というだけで偉くなってる奴を降格する」とか「基幹職は全員高プロにして成果評価を徹底する」とかやろうとすると抵抗勢力と非常にめんどくさい交渉しないといけません。

さらに言えば、そこまで血を流して改革しても思うように成果が上がらなかった場合は経営陣の責任問題になります。「あんだけやっといて成果が上がらなかったんだから今度はトップが責任とれよ」と現場から突き上げられるわけです。

「めんどくさい改革には手を付けたくない、責任も取りたくない、誰かになんとかしてほしい」と考えた偉い人たちが最後にたどり着くのが「採用方針を180度見直します」という結論なわけですね。

「俺たち偉い人でも変えられないほど硬直した組織に入って改革してみないか?」というのが本音でしょう。

筆者の経験で言うと、採用方針を過激に見直す会社ほど内部改革で行き詰まっているケースが多い気がします。ほら、自信が無い人ほど過激なケンカ言葉を使っちゃうことってあるでしょ?アレと同じですね。

もちろん採用見直しに合わせて必要な内部改革も並行して進めるというのもアリでしょう。でもだいたい採用って、その組織に見合った人材しか普通は来ませんね。そもそも一発で組織を生まれ変わらせる人材自体が幻想だと筆者は考えています。

まずは組織改革をじっくり行いつつ、数年経ったら「そういや、なんだか最近の新人ってずいぶん昔と毛色が違うよね」ってことになってるんじゃないでしょうか。



以降、
採用方針だけ見直すと起きる3つの現象
組織の正しいぶっ壊し方





※詳細はメルマガにて(夜間飛行)






Q:「やっぱり1年目でフレックス勤務もアリな気がします」
→A:「自己管理も含めて経験させるという考えもあるのでしょう」


Q:「連合=室町将軍なら外部労組は何でしょうか?」
→A:「一番近いのは……」



読み切りコラム「実家が無くなっちゃった話 団塊ジュニアは他人事じゃないぞ!」




Q&Aも受付中、登録は以下から。
・夜間飛行(金曜配信予定)






削りやすいところから削る、取りやすいところから取るのが日本式

本年も本庶先生がめでたくノーベル賞を受賞されました(医学生理学賞)。

そして、日本人がノーベル賞受賞するたびに「でもこれは基礎研究の予算が潤沢だった80年代以前の遺産だ。文科省が国立大を法人化して予算を削り続けている今後は受賞者はゼロになるぞ」って警鐘が飛び交うのももはや風物詩となった気がします。

でも、じゃあ文科省をやっつければ問題は解決するかと言えばそんなことはありません。「俺たちをやっつけてもいいけど、じゃあ高等教育にじゃぶじゃぶつぎ込む予算はどうすんの?」というのが中の人の率直な意見です。

そうそう、安倍政権が生活保護費を削減して左界隈から非難されてますけど、アレも同じ構図ですね。別に安倍さんは生活保護受給者に興味なんかなくて、一番削りやすいところから削ってあげてるだけの話です。


政治と行政には日々いろんな要求が殺到しています。〇〇を作ってくれ、〇〇を負担してくれ、でも増税はするな……etc

高等教育の予算削ったって文句を言うのは一部の大学の先生とポスドクくらい。生活保護の予算削っても文句を言うのは生活保護受給者と一部のリベラルくらい。というかむしろ一般の勤労者の中には拍手喝采すらするものも少なくない。

だからそういう削りやすいところから先に削られるのは当然でしょう。別に誰かが悪意を持ってやっているわけではなく、日本社会のあらゆる声を政府というミキサーに突っ込んだらこういう結果になりましたので執行しますね、くらいのノリですね。


ちなみにあえて“黒幕”を名指しするなら、はっきりいって一般歳出58兆円のうち32兆円を占める社会保障関係費なわけで、要は高齢者の社会保障なわけです(平成30年度政府予算)。

ちなみに2000年時の社会保障関係費はたった16兆円だったわけで、そりゃ2倍に増えたら削りやすいところ削るしかないですね。

団塊世代が後期高齢者に突入する中でこれからもどんどん社会保障給付は増加するので、これからも「削りやすいところ」からガンガン削りまくるでしょう。

そのうちノーベル賞の受賞者がぱったり出なくなり、貧乏人がいっぱい野垂れ死にするようになるでしょう。で、そういった案件がフォーカスされるたびに「文科省が悪い!」「〇〇政権は弱者を切り捨てるな!」「財務省の陰謀だ!」とかいろんな立場の人がわかりやすいターゲットを名指しするでしょうが、いずれも“黒幕”とは程遠い単なる執行者にすぎないので何も変わらないと思います。

処方箋ですか?個人がひたすら強く生きることですね。ZOZOの前澤社長みたくいっぱい稼いで社会保障なんてなくても充実した人生を送ること。研究したかったら08年物理学賞受賞の南部先生みたく海外の大学に行って潤沢な予算にあずかること。

でも冷静に考えると日本ってすごい国ですね。同じ「強くないと幸せになれない社会」のアメリカはちゃんと高等教育や基礎研究に莫大な投資をして未来を創造している一方で、日本はそういうの削って老人のおしめにまわしているわけで。

資本主義と社会主義の悪いところだけ両立させているような気がします。


スポンサーリンク
【ギークスジョブ】フリーランスITエンジニア求人情報

スポンサーリンク


ENTRY ARCHIVE
著作
「10年後失業」に備えるためにいま読んでおきたい話


若者を殺すのは誰か?


7割は課長にさえなれません


世代間格差ってなんだ


たった1%の賃下げが99%を幸せにする


3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代


若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来
MY PROFILE
城繁幸
コンサルタント及び執筆。 仕事紹介と日々の雑感。 個別の連絡は以下まで。
castleoffortune@gmail.com
RECENT COMMENT
SEARCH
QRコード
QRコード
お問い合わせ
お問い合わせはこちらまで