書評「絶望老人」

絶望老人
新郷 由起
宝島社
2017-02-23




タイトルだけ見て、NHKが日曜夜に視聴者を恐怖のどん底に叩き落とした特集「老人漂流社会」を連想する人も多いかと思うが、中身はそこまでハードモード人生なものではない(というか宝島はタイトル釣りすぎ!)。

もちろん一部に絶望気味の人も出ては来るが、大半はどこにでもいるごく普通の老人たちのインタビュー集だ。

余談だが、メディアが老人とか格差社会をテーマに特集を組むときは、たいていとびっきり強烈なインパクトのケースを紹介するものだ。なぜなら、その方が視聴者に受けるから。それが悲惨であればあるほど、視聴者は自らの相対的な豊かさを実感して安心できる。「大変だなあ、可哀想だなあ」と口に出しつつも、心の底では「自分はああはならない」と分かっているから、しばらくすればきれいさっぱり忘れてしまえる。

だから、ああいう格差とか貧困の特集というのは何も解決しないし、何かの参考になるということもない。所詮はエンタメなのだ。

筆者は以前から「普通の老後を迎えた普通の老人に、今、何が起こっているのか」ということに非常に興味があったのだが、本書はそういう意味では最良の一冊と言えるかもしれない。


普通に結婚して子供も巣立った後の老人から、独身のままリタイアして一人暮らしする老人、家族はいるものの自分の意思で縁を切った老人、河川敷でホームレスとして生きる老人など、様々な形態の老人たちが登場し、現在の生活について率直な思いを述べる。

では、経済的余裕さえあれば老後は安泰なのか。
頼れる血縁者のいない高齢者はみな、憐れで、誰もが悲惨な末路を迎えるのか。
(中略)
気が遠くなるほど長く延びた老いの日々を幸福に導くもの、絶望へ追いやるものとは何か。その分岐点と、おいて生きる上で真に必要なものを問うていきたい。


と前書きにもあるように、まず意外なのは経済的余裕があっても必ずしも幸せだとは言い切れない点だ。

たとえば、銀行マンとして現役時代は仕事漬けの日々を送って出世もし、高額の退職金と豪邸を手にリタイアしたものの、妻は早々に病死。なかなか定職に就かない長男夫婦に無心されるうち、結局、退職金も家も処分するはめになった老人もいる。

また、入居一時金が3千万円を超えるような富裕層向けの有料老人ホームに入居すれば何の心配もいらないかというとそうでもない。上げ膳据え膳、栄養管理も投薬もバッチリ管理してもらえる暮らしでは、人間としての様々な能力はむしろ急速に衰えるらしい。

「衰えの進みにくい体づくりのためには人生後半の食生活が最も重要で、それには正しい知識を得た上で、自分でやれるうちは自力で賄うのが一番なのです。というのも『食事を用意する』という行為には、たくさんの高次機能が凝縮されているから。買い物に出かければ歩くし、店先に並んだ旬の食材を目にして季節を感じることもできる。(中略)様々な機能はいつも使っていれば衰えにくく、適度な負荷をかけることで老いの抑制につながるのです」
(人間総合科学大教授・熊谷修氏)


逆に、河川敷に気の合う仲間と“集落”を作って気が向いた時だけ日雇い仕事をしているホームレスの爺さんたちの話が、実はいちばん明るかったりする(笑)

キャリアも同様で、大企業の役員や先生と呼ばれる立場の人ほど、老後の新たな職場や地域の共同体などで行き詰まる人が多い。柔軟性が無く、現役時代と同じ高い地位で扱われることを望むためだ。地域のイベントなどでも手より口を動かすだけで、注意されると怒ってそれっきり顔を出さなくなる人も珍しくないという。


年を重ねるだけでは“人生の達人”になれない

コップの水が7割方入っているのを「満杯じゃない」と受け取るか「半分以上も入っている」と捉えるか。

必要なのは「足るを知る」感覚を踏まえて、生きる知恵と生活力を備えること。
「たくさんのお金がなければ生きられない」「幸せを感じられない」生活と価値観に固執せず、限られた収入のなかで生きられる知恵や工夫、方法を身につけ、その中で自身が楽しめる人生の目的と手段をえることだ。

言い換えれば長い人生経験の中で、どのような状況でも自分を“活かして”生きる力を養ってこなかった人、生きるセンスを培えずにいた人ほど、長く延びた老いの日々を苦心して送ることになる。


結局のところ、老後というのは、肩書とか誰かに与えられた役割とか、そういうしがらみが一枚一枚剥がれ落ちて行って、最後に自身が人生で培った地肌が丸裸になることなのだろう。


さて、以下は筆者のメモ。

筆者の見たところ、充実した老後を過ごすためのポイントは以下の4点だ。


1.とにかく人とのつながりを維持する

一部の人の夢を壊すようで悪いが、やっぱり“独身貴族”なんてものは幻想で、独身で老後に突入した人はほぼ絶望寄りの状況に陥っている。一人暮らしをしていても離れて暮らす家族がいるか、気の合う友人知人とある程度のコンタクトを持たないと、相当厳しい老後になることは覚悟しておいた方がいい。


2.常に新しいことへの好奇心を持つこと

老いて生きる上で一番必要なものは何だと思いますか、と問われた一人の老人は“好奇心”と答えた。

「これをなくすと一気に老け込む。年を取れば、どうしたって先行きを暗く感じたり、やりきれない思いは増える一方だと思うんだよね。だからこそ、新しいものを吸収しようとする気持ちや行動力を増やしていかないと、ひしゃげちゃう。いやなことがあっても前向きに老いていきたいじゃない。せっかく一度きりの人生なんだからさ」


これはキャリアデザインにも通じる話だ。好奇心を失うと人材は伸びなくなる。


3.何でもいいから趣味を持つこと

よく言われる話だが、仕事一筋で無趣味の人ほど、老後に一気に老け込むものだ。それを防ぐには長く続けられる趣味を一つは作っておくべきだろう。筆者がなるほどなと感心したのが、裁判の傍聴シニアの話だ。朝から公判をはしごしてほとんど終日を裁判所で過ごす人までいるらしい。

「ここではつくりもののテレビドラマなんか足元にも及ばない、本物の人間ドラマが生で見られるんだ。しかもタダで。『世の中にはこんな犯罪があるんだ』とか『こういう事情があったんだ』とか、弁護人と検察官のやり取りとか、飽きないよねぇ。(中略)テレビなんか見てるより、よっぽど面白いよ」


他にはボランティア活動なども。これなら1番も同時にカバーできる。


4.仕事も生活も、地に足のついた状態をキープしておくこと

と書くとちょっとわかりづらいかもしれないが、筆者の見たところ、老後に困っている人が直面している困難の根っこは、すべて現役時代の行いにあるように見える。たとえば仕事一筋で土日はゴルフ三昧だった男性が息子にたかられるのは、突き詰めれば「それくらいのことやってもいいだろう。なんせあのオヤジなんだから」と足元を見られているのが原因だ(ついでに言えば自身も悪いことをしたと後悔しているから断り切れない)。

老後に再就職や地域活動で行き詰まる人は、中高年になってから分相応の地位について胡坐をかいていた結果だろう。自身の分をわきまえている人、あるいは掛け値なしに本当にすごい人というのは(飾る必要が無いから)姿勢が低く人当たりも優しいものだ。

要するに、仕事でも家庭でも、求められる役割はしっかりとこなし、実のあるものにキープしておくこと。仕事を理由に家庭をおざなりにしたり、年功序列のレールの上でうとうとしながら後半生を働いてきてしまったりすると、必ず老後のどこかでしっぺ返しが来ることになるように思う。








経産省若手官僚レポートって正直どうなの?と思った時に読む話

今週のメルマガの前半部の紹介です。先日、経産相の若手官僚らが作成したレポートが公開され、ネット上でちょっとした話題となっています。

【参考リンク・PDFファイル】「不安な個人、立ちすくむ国家~モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか~」

内容は多岐にわたりますが、大雑把に言うと「終身雇用や年金、医療といった社会保障制度は時代遅れで機能不全を起こしており、個人の人生における選択肢を狭めてしまっている。これらの問題を克服するにはここ数年間が勝負だ」というもので、シルバーデモクラシーによる社会保障の高齢者偏重や、貧困の再生産といったテーマもしっかり含まれています。

筆者は当初、その「経産省らしからぬ内容」にちょっと戸惑いましたが、読み進めるうちにこれはこれでアリなんじゃないかと評価する気持ちになっています。確かに、それなりに経済系の本を読んだり政策に関心のある人にとっては「そんなの、とっくに知ってるよ」レベルの話かもしれませんが、そうでない過半数の人たちにとってはインパクトを持って受け止められたはず。そして、それこそが最初から彼らの狙いだったのではないかと思いますね。

というわけで、今回は経産省レポートについて、筆者なりに読み解いていきたいと思います。それは個人のキャリアデザインとも密接につながる話です。

率直な現状認識と清々しいまでの無力感

筆者が本レポートを評価するポイントは2点あります。まず第一に「率直な現状認識」です。中央省庁といってもピンキリで、中にはこんなこと言ってる三流省庁も存在します。

「年金額が月に一円になったとしてもちゃんと払ってる以上は破綻ではない。ていうか年金だけで老後が暮らせるように保障するなんてボクたち言ったことないし」
(諸外国では本人負担としてカウントしている会社負担分をあえて除いて)「サラリーマンはちゃんと払った保険料以上に年金を受け取れるから厚生年金はおトク!100年安心!」

そんな中「現行のシステムのままじゃこれ以上もたないし、現に色々不都合なことが発生しています」と率直に認めている本レポートは一線を画すものです。実際、あの経産省が言ってるから読んでみようと思った人は少なくないでしょう。

本レポートの行間からは「早くなんとかしなきゃ」という、かつての青年将校にも似た想いが感じられますね。先輩の失政をごまかすための尻拭いに人生を捧げている三流省庁の役人にも見習っていただきたいものですが。

そして筆者が評価する2点目は「清々しいまでの無力感」です。本レポートには具体的に何をどうしろといった政策も数値目標も全く出てきません。過去の経産省の配布資料などにはだいたい「〇〇年までに〇〇産業をウン千億円規模の市場に育成する」「〇〇業界の再編を主導しGDP0.3%上積みを目指す」みたいなことがきっちり書かれていたのとは対照的です。おそらく本レポートがダメだと言っている人は、そういう過去のかちっとしたものとの比較で言われてるんだと思われます。

ただ、実際のところは、そうした国主導の産業政策で上手くいったケースというのはほとんどないんですね。当たり前の話で、公務員に有望産業を選んで実際に育て上げるなんて芸当はムリなわけです。それはあくまで民間の仕事であり、官の仕事はそれを促すために規制緩和したり、逆に暴走しないよう規制作ったりというちょこちょこした微調整であるべきなんです。無理やりやらせても単なるバラマキで終わるだけでしょう。

そういう分をわきまえつつ、もう産業政策で誤魔化す余裕なんてないからこっから先は個人が頑張るしかないんだぜ?そのためには何が必要かい?という問題提起が本レポートの本質でしょう。「経済を成長させてくれる魔法のスイッチ」なんてものは経産省にも内閣府にもどこにも無いんです。「不安な個人、立ちすくむ国家」という一見すると何が言いたいのかよくわからないタイトルは、実は彼らのスタンスを率直に言い表したものだと筆者は考えますね。





以降、
レポートに隠されたメッセージ





※詳細はメルマガにて(夜間飛行)







Q:「障碍者雇用を社内で啓蒙していくには何をすべきでしょうか?」
→A:「サービスや制度に幅を持たせられる点をPRすべきでしょう」



Q:「30代として働く中で意識しておくポイントは?」
→A:「30代で同期出世頭みたいな人にはある共通点があります」






雇用ニュースの深層

非正規使い捨て、組合潰しの朝日新聞社OBがいい加減なこと言うんじゃないよ

朝日新聞の二枚舌にはNYタイムズ(在朝日新聞本社)もビックリしてます。



終身雇用では賃金は上がらない

厚労省の下請けで食ってるようななんちゃって学者を除いて、労働経済学者のコンセンサスも出そろった感があります。







Q&Aも受付中、登録は以下から。

・夜間飛行(金曜配信予定)












自衛隊メンタル教官が教える 心の疲れをとる技術





前回の書評がかなり反響があったのでもう一冊セルフコンディショニングの本を紹介。
4年前の新書だが個人的にはメンタルケアの著作としては本書がベストだと思う。マネジメントする側と自身でケアする側の双方から解説してある良書だ。

世の中には「愚痴ばかり垂れる人」と「文句ひとつ言わず黙々と頑張る人」がいる。と書くと後者の方が信頼できると思う人も多いだろうが、著者によれば必ずしもそうではないという。前者は職場の課題を逐一見つけて報告してくれる便利な存在であり、マネージャーの調整次第でどうとでもなるものの、後者のようなタイプはある日突然心が折れたりブチ切れたりするパターンにはまりやすいためだ。

なぜ、辛抱強い人ほど突然変調をきたすのか。感情(特に怒り)を受け流すことなく溜め込んでしまう人は、膨大なエネルギーを浪費することになる。たとえば、仕事上のささいなミスの記憶を繰り返し脳内で再生することで、ダメージは何倍も蓄積され、ある日突然爆発することになる。

マネジメントで防ぐ方法もあるにはあるが、一番確実なのは自分で上手く感情をコントロールすることだ。本書にはそのためのテクニックがいくつも書かれているが、個人的に印象に残ったのは「俯瞰的な視点」を意識することだろう。自分の理想のキャリアデザインからすれば、目の前のイライラなんてものはたいていは笑って流せるレベルの話であるはず。

ジョブズの「今日が人生最後の日だとしたら、今日の予定は本当に自分がやりたいことだろうか?」という視点にも通じるものがある。ジョブズは切れまくってたじゃないかとかいうツッコミは無しだ(笑)









デキる部下がものすごい高額オファーで引き抜かれそうになった時に読む話

今週のメルマガの前半部の紹介です。先日、一橋大学のある講師のつぶやきが大きな話題となりました。

「給料格差ツイート、狙ってやった」 日本捨てる若手学者の危機感

要約すると「日本の組織における給与の水準や決め方はガラパゴスであり、このままではいずれ深刻な人材難に陥るだろう」ということです。筆者もまったく同じ危機感を抱いています。今回は有名大学の文系教授ということで話題となりましたが、理工系の教授や官僚、一般企業の若手幹部候補の間では、同様の人材流出は以前からかなり進んでいますから。

なぜ、日本の組織の若手には突然2倍以上のオファーが届くのでしょうか。なぜ、日本の組織はそれに対して有効なカウンターオファーを出さないのでしょうか。重要なことですけど意外と見落とされがちなこの問題について、いい機会なのでまとめておきましょう。

日本型雇用の肝は“信頼感”

日本の一般的なサラリーマンは終身雇用を前提としているので、どうしても単年度あたりの給料は低く抑えられてしまいます。リスクが少ない分、リターンも少ないというわけです。

くわえて、やはり一般的なサラリーマンは「初任給からスタートして少しずつ昇給する」という年功序列賃金がベースとなっており、2,30代は生産性の割に賃金が抑えられる傾向があります。もちろん、40代以降は生産性以上に支払われるので、トータルでみればトントンですが、若い間は安月給の傾向が強いということです。

その結果、日本の組織で働く2~30代の人材は、終身雇用でも年功序列でもない外資系や新興企業からみると、とても安月給で働かされているように見えるわけです。「若手に2倍のオファーがくる」のは、こうした構造的な事情があるためですね。別に日本企業がケチだからというわけではなくて、給料の支払い方がぜんぜん違うからというのが理由です。実際、終身雇用と年功序列賃金によって、自動車や鉄鋼、商社といった大企業や官庁は優秀な人材を多く囲い込み、戦後の高度成長を実現させたわけです。

ただし、“終身雇用”や“年功序列”というのは契約ではなく単なる慣習にすぎません。「絶対に定年まで雇用が保証される」「40歳以降はポストについて昇給もバッチリさせてもらえる」という組織に対する信頼感がないと、優秀層を囲い込むことは不可能です。今の日本でそういう信頼感が維持できている組織がどれほどあるでしょうか。

追い出し部屋があったり、50歳過ぎてもヒラの社員がいっぱいいる会社で「うちにいれば50歳すぎてから人生ウハウハだぞ?」と言っても説得力ゼロでしょう。形がい化した“慣習”を惰性で続けるのではなく、メリハリの利いた“契約”を単年度で提供できるような仕組みに移行する以外に、日本の組織が人材獲得で勝ち残ることは難しいでしょう。



以降、
とりあえず現状で使えるカウンターオファー
信頼感を失った組織との付き合い方






※詳細はメルマガにて(夜間飛行)








Q:「日本でも学歴インフレは起こりうるでしょうか?」
→A:「優れた高等教育もハイスペック人材を使いこなすマネジメントも無いので心配しなくていいです」




Q:「海外赴任を断るとどんなデメリットがありますか?」
→A:「家庭の事情であれば正直に伝えて断った方がいいです」







+雇用ニュースの深層

日本人は勤勉だけど労働生産性はG7最下位という現実

間違った方向に頑張ってるから生産性が低く、おまけに残業抑制キャンペーンの副産物として名目賃金が下がり始めるという笑えない状況が既に出現しています。



35歳以降での転職なら非・大企業を狙え

終身雇用でも年功序列でもない会社は50代でも60代でも採用するということです。


「高齢者が活躍すること」と「高齢者を職場に押し付けること」は別もんです

高齢者を職場に押し付けると、恐らく彼のために何らかの仕事が生み出されることになります。




Q&Aも受付中、登録は以下から。

・夜間飛行(金曜配信予定)












書評「人生は楽しいかい?」

人生は楽しいかい?
ゲオルギー・システマスキー
夜間飛行
2016-06-20





「システマ」というロシアの格闘術がある。もともとは軍隊格闘術なのだが、技術に加えてメンタルや体調管理も重視するという特徴があり、世界中のビジネスマンやアスリートにコンディショニングメソッドとして注目されつつある。

それはどういったもので、日々の暮らしの中でどのように役立つものなのか。小説仕立てでわかりやすく解説したのが本書である。主人公はこれといった夢も目標も無いまま日々を漫然と生きる営業マンだ。バリバリ働いてる同期や同僚のことをどこか羨ましく思いつつ、自分にはとてもムリだと割り切って生きている。

そんな彼だが、ふとした出来事をきっかけに「ロシア人の変なおっちゃん」の指導を受け、システマ式セルフコンディションに取り組むことになる。すべて「なるほど」と思うテクニックだが、特に筆者が感心したのは“呼吸”だ。

「心臓の鼓動を勝手に止めることはできないのと同じぐらい、恐怖心をコントロールするのは難しい。サウナに入ったら、いくら『汗をかかないぞ』と心に決めたところで、汗を停めることはできひんし、寝不足が続いたらどんな奴でもいつかは眠ってしまうやろ?

ところが、呼吸ちゅうのは不思議なんや。基本的には意識しなくても勝手にやってるものやのに、やろうと思えば意識的に深くしたり、止めたり、早めたり、ゆっくりしたりすることができる。つまり、呼吸は、意識と無意識の架け橋になるっちゅうことや
(中略)
意識的な呼吸によって、無意識の緊張や恐怖心をコントロールすることができるのや」


どの指導も生活の中でちょっとだけ意識すれば実行できるものだが、やがて主人公の生活は大きく変わり始める。

さて、従業員の前向きなモチベーションを維持するのは人事制度を回す上でもとても重要なポイントで、筆者自身、そういうポイントに力点を置いて話をするのだが、しばしばこういう質問を受ける。
「モチベーションがゼロになった人はどうすればいいでしょう?」
そうなってしまったら、もはや会社や人事制度にはいかんともしがたいというのが筆者の考えだ。たとえば勤続年数ではなく担当する業務で処遇が決まる流動的な人事制度にすれば、誰にでもチャンスが与えられることにはなる。でも実際にそのチャンスを生かして勝負するかどうかは本人次第であり、誰かがクビに縄を付けてやらせるわけにもいかない。

「別に本人がやる気ないならOKじゃないの?」という人もいるだろう。でもかつて55歳だった定年はいまや実質65歳。近いうちに70代まで現役でいなければならない時代が到来するのは確実だ。そんな時に「仕事はただただ生活費を貰うだけの時間の切り売りなんで、とにかく省エネでのりきるだけでいい」というスタンスでいいのか。それは仕事≒「省エネでやりすごすだけの期間」≒人生となってしまうのではないか。

別に筆者は出世しろとかじゃんじゃん稼げというつもりは無くて、ただ、仕事である程度の努力とか能力とかのリソースを突っ込んで充実感を得られるパスを作っておいた方が長い目で見て幸せなんじゃないか、ということだ。

ちなみに、「ロシア人の変なおっちゃん」が主人公に出した最後の指令メモには「生きろ」とただ一言書かれているだけだった。もちろん、主人公はその真意をはっきりと理解する。

人が生きている、ということは、ただ飯を食い、眠るだけじゃない。その人が人間らしく、清々しく生きているということだ。


キャリアデザインを考える上で、自身のコンディションを整え、前向きなモチベーションを維持するのは基本中の基本と言っていい。本書はそのための示唆に富む一冊だ。



スポンサーリンク


ENTRY ARCHIVE
著作
「10年後失業」に備えるためにいま読んでおきたい話


若者を殺すのは誰か?


7割は課長にさえなれません


世代間格差ってなんだ


たった1%の賃下げが99%を幸せにする


3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代


若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来
MY PROFILE
城繁幸
コンサルタント及び執筆。 仕事紹介と日々の雑感。 個別の連絡は以下まで。
castleoffortune@gmail.com
RECENT COMMENT
SEARCH
QRコード
QRコード
お問い合わせ
お問い合わせはこちらまで