企業の一般職コースの採用枠に、男子学生の応募が増えているとか。
数年前から、採用担当の間では結構話題になっている。
(同じようなエントリを書いたかも)

素晴らしい。いまさら滅私奉公したって大したものはもらえないのだから
多様化するのは自然なことだ。
(まあ商社はこてこての年功序列制度なのでアレルギーを感じるだろうが)

整理しておくと、一般に管理職以上に出世できる幹部候補は“総合職”“基幹職”
などと呼ばれ、男子四大生が中心だ。
それに対し、主任以上の出世はないが、かわりに転勤や過重なノルマといった
締め付けの少ないのが一般職であり、こちらは女子学生が対象だ。

なんでこういうコースわけをやっていたかというと、長期育成の必要なコア業務
を滅私奉公してくれる男子に、そうでないものを結婚などで離職する可能性の高い
女子に任せることで、育成コストの抑制を図ったものだ。

だから、従来は「ぼちぼちやりたい」なんて男は敗北主義者扱いされたし
都銀や商社では一定年齢に達した女子は
(仕事内容に比して年齢給が上がってしまうため)肩叩きにあったりしたものだ。
そういうマッチョ的な色合いは、勤続年数が軸であることの裏返しだ。
年功序列制度とは、そういう昭和家族的な役割分担を、システムとして取り込んで
いたといえる。

鋭い人は気づいていると思うが、上記のような昭和的家族像と現実社会のギャップ
が、少子化の最大の要因だ。
なので、脱昭和で多様化することは、日本企業全ての社会的義務でもある。

が、ここ数年の売り手市場で、前者への女子社員の進出は見られるようになったものの、
後者は相変わらず女子中心。男子の応募はある事はあるが、採用担当者はおしなべて
否定的で、「こいつら男としてどうなんだ」なんて言ってる人事も多い。

じゃあおまえはどうなんだよという感じである。
ぶっちゃけ、そんなたいした仕事してないじゃないか。
大きい企業に入って、やれと言われたから仕方なくウン十年も事務作業で滅私奉公して
疑問は多々感じつつももういい年だから諦めてしがみつくか、というのが君の
人生じゃないか。

20代なんてさらに年功序列のご利益なんて少ないだろうから、滅私奉公なんて
する必要はない。なにをするかは自分で決めればいい。
アウトサイダーになってレールの無い世界を行くか、それともワークライフバランス
に軸足を移すか…
あんたよりよっぽど健全で夢のある人生だと思うよ。

なんてことを感じることがよくある。角が立つので一々言わないけど(笑)
スポンサーリンク