いろいろなメディアと打ち合わせをしていると、たまに違和感を感じる。
雑誌でいえば「とりあえず、書いてください」的なノリで依頼されるケースだ。
彼らはたぶん、主張の中身までは理解出来ていない。
実際、編集者にせよプロデューサーにせよ、自分の意見はまったくなくて、そこそこ知名度
がある人を並べておけばそれでいいんだろう的なスタンスの人は多い。

たとえば以前、“派遣切り”が流行った時に雇用問題のムック本の企画話があったのだが、
執筆者の一覧を見ると、エコノミストや労働経済学者にくわえ、共産党やらなんとかユニオン
みたいなのも混じっている。
全然統一性がないから「ところであなた自身はどう考えているのか?」と聞いてみたら
「全然わかりません」と笑顔で返された時は、さすがにバカバカしいので参加を断った。

「いろんな立場の意見を幅広く取り上げるのが我々の役目だ」と言っていたが、それって
自分たちが不勉強なことの言い訳だろう。
百歩譲ってそういうスタンス自体は認めてもいい。が、今どきそれじゃあ銭は稼げない。
だって、ネットでは無限のコンテンツが無料で選べるわけだから。

出版には流通的な役割と品質保証的な役割がある。上記のような編集スタンスは、後者の
役割を放棄しているわけだ。コンテンツというよりも、場を提供してやるという発想だろう。
ただ、ネットという無限の場が出来てしまった以上、こういう考えは捨てるべきだ。

ラベルの維持をしっかりやっている雑誌はこれからも生き残るだろう。
実際、経済誌のような専門史は21世紀に入ってむしろ部数を伸ばしている。
ただ、月刊誌は今のままだと若干厳しいのではないか。
たとえばこういうのとか、こういうのがバーンと載ってるものに700円とかお金払う人を、
僕はあまり想像できないんですけど。
「若い人が活字離れして、平均読者層は60代になってしまった」などと嘆く編者は少なく
ないが、それ以前に、どう考えても真剣に2,30代に売ろうという覚悟が見えないんですよ。

一つだけ言えることは、電子出版が普及するしないに関わらず、出版は一部を残して淘汰が
進むということだ。
もう右左関係無く一緒に月刊誌作ってはどうか。太平洋戦争特集→皇室論争→格差論争で
毎月ガチンコの論争やったら、老人向け活字プロレスとして10年くらいは飯が食えそうな
気がするが。
スポンサーリンク