先日、菅政権の雇用対策特命チームの“緊急政策”が発表された。
大方の予想通り、採用奨励金という形に落ち着いた模様。

たしか麻生政権の時、緊急雇用対策プランがやっぱり「採用奨励金」で、
「昔からやってるトライアル雇用と何が違うんだ?」という話をどこかで書いた気がする
のでもう改めては書かないけれど、2年近く経ってまったく同じことやってる民主党政権の
方がよりアホである。そんなもん緊急でも何でもないだろう。

ちなみに、カウンセラーや窓口の追加で色をつける点も、麻生政権とまったく同じ。
要するに、本質に切り込む胆のない人間だと、誰がトップをやっても行きつく先は同じと
いうことだ。僕はニヒリストではないけれども、最近の政治は「政治なんて誰がやっても同じ」
を地でいっている。

まあ効果ゼロではないからやるなとは言わないけれども、もともと人手の足りない
(それもおそらく地方の)中小企業に多少入りやすくなるかもしれない、という程度だろう。
3年前の売り手市場に世に出て、運よく大手企業の正社員に滑り込めた人と比べると、
下手すりゃ生涯賃金2億くらいは違うんじゃないかな。

一部に「新卒雇用問題はマッチングの問題であり、本人達が贅沢言わなきゃ働き口はある」
という論者もいるが、それは本質的には封建制度における身分制と同じ考えだ。
確かに身分に甘んじれば飯は食えるが、そういう社会は必ず活力を失う。
今日の日本企業の停滞ぶりを見れば明らかだろう。
日本に残された最大の成長戦略は、環境や介護ではなく、労働市場改革だ。

ところで、民主党は代表戦の真っ最中である。
もし、自分が面接官だとして、自己PRでこんなことを言う人が応募してきたらどうだろう。
「友愛です」
「第三の道を実現したいです」
「ぶっ壊すことです」
僕なら全員不採用間違い無しである。
スポンサーリンク