23日に、こういうデモが予定されているらしい。
就活どうにかしろデモ
http://syukatudemo.blog77.fc2.com/

個人的には賛同できる部分もそうでない部分もあるのだけど、とりあえず何かアクション
を起こすのは良いことだと思うので、とりあえず紹介しておこう。

さて、以下は雑感。

やはり、就職活動の早期化&長期化により、それが学生生活に占めるウェイトがここまで
高まった現状は、僕も何とかすべきだとは思う。
ただ、それを否定する以上は、何が学生の本分なのかをしっかり認識しないといけないとも思う。
「就職活動が短くなったから、遊びに行こう」じゃ意味ないわけでね。

そしてもっとも重要な点は、そろそろ構造的な課題への解決策もパッケージで主張しないと
いけない時期なんじゃないか、ということ。


90年代~2000年前後の元祖氷河期の経験から言うと、学生が大変らしいという話は結構
伝えられていたのだけど、結局は「へーそうなんだ」的に社会的スルーをされて今にいたる。
そりゃそうだろう。この問題は、突き詰めれば連合という大手正社員の既得権に行き着くわけで
そういう利害対立する人達がメディアから政治、行政まで、あらゆる組織の意思決定を握っている
わけだ。

そういう鉄の壁を前にして「なんとかしろ」と言っても、高みの見物をされるだけである。
というか、高みの見物をされてしまったわけですよ氷河期世代というのは。

はっきり言って、君たちは氷河期世代より悲惨だ。不況というマクロショックの影響にくわえ
グローバル化による産業構造の転換という大波もモロにかぶることになったから。
もう日本人の新卒というだけで正社員の椅子はもらえない。

「数年耐えれば求人は回復するのではないか」と思っている人がいるかもしれないけど、
それはない。確かに氷河期世代には、2003年前後の数年間に敗者復活ステージがあったのだけど
今起きていることは氷河期ではなく、新卒バブルの崩壊だから、もうそんなボーナスはありえない。

今年正社員の椅子に座れなかった人間のほとんどは、非正規雇用や下請けの中小企業で、
長く苦しい下積み人生を送ることになるだろう。
だから、こうなった以上は壁を壊すしかない。自分達自身の手でね。

そうそう、君達が恵まれている点も一つある。
10年前と違って、今はいろんな先輩達が問題の本質を指摘してくれているから、やる気さえあれば
形にするのはそう難しい話ではない。
どうせデモやるなら、連合あたりにでもデモしかけてみてはどうか。
いつまでもリップサービスでお茶を濁せるわけではないと、彼らに教えてやれるはずだ。


スポンサーリンク