今回のメルマガは、新春一回目ということで拡大版となっています(Q&Aはお休み)。


まずは年末に某所で行った講義のダイジェスト「若者はなぜ3年で辞めるのか2013」
若年雇用問題についてという話だったが、それだけを表層的に論じても仕方がない。
その根っこには終身雇用制度がどっしり居座っていて、それは雇用だけではなく、
少子化や経済全体の低迷など、幅広く社会全体に影を落とし続けている。

merumaga


※以下、詳細はメルマガにて


+雇用ニュースの深層

男女間の給与格差、日本は先進国で最大


前回述べたように、日本型雇用には女性を踏み台にする側面があり、タイムリーに
数字で裏付けられてしまった格好だ。

限界を迎えつつある終身雇用

師走のあわただしさの中、朝日新聞の一連の「大企業の追い出し部屋」報道が話題となった。
とはいえ、筆者はそのトーンに微妙な変化を感じてしまった。以前ならキーキー騒いでいた同紙が
実に淡々と事実を報じ、しかもタイトルが「限界にっぽん」である。
誰が悪いのでもなく、システム自体が限界を迎えつつあるということだ。

高齢化するメンタルトラブル

一方、興味深い調査結果もリリースされた。
企業内のメンタルトラブルのピークが従来の30代から40代に移ったのだ。
これが意味することはなんだろうか。


+不定期更新ショートショート「もし永田町職員組合があったら」



Q&Aも受付中、明日発行予定です。登録はコチラから。

「夜間飛行」での配信もスタートしました。


スポンサーリンク