今週のメルマガの前半部の紹介です。

先週、ちきりん氏の「通勤手当なんて廃止すべき」がネットで話題となりました。会社がお金を出して効率の悪い働き方をサポートしているようなものだからそんなものはとっとと廃止すべきという内容です。筆者も同感ですね。

ちなみに筆者も宮仕えの時には基本的に徒歩で通勤できる距離に賃貸借りていましたね。職場が近いと仕事はもちろんのこと、趣味や生活全般にすごく余裕が生まれるものです。少なくとも身軽な独身の若いビジネスマンには、筆者も職場近辺に暮らすことを勧めます。

というわけで、今回は“通勤”について、人事的な観点から考察してみたいと思います。

通勤手当なんて今すぐ廃止したってぜんぜん構わない理由

いつも言っているように、筆者自身は、給料は単純に成果だけに対してのみ支払われるのが望ましく、シンプルであればあるほど良いというスタンスなので、家族手当や年功給みたいなものはもちろん、通勤手当も廃止するのがベストだと考えます。

その上で、個別の査定で成果に応じた報酬をきっちりはずむ。だから「会社の近くに住んでバリバリ成果を出したい」という考えの人はそうすればいいし、「いやいや自分は多少通勤時間が長くても郊外の庭付き戸建がいいです、その方がパフォーマンスも出ます」という人はそうすればいいでしょう。

なんていうと「交通費を別途貰った方がトクじゃないか」という人もいるのですが、残業代と同様、会社から見れば福利厚生費等も全部含めて人件費なので、どっちが損得というのはないですね。会社が用意できる人件費の額は決まっているのに、それをダラダラ長時間働く奴に多く支払うのがバカらしいのと同様、ど田舎に住んでチンタラ出勤してくる奴にいっぱい払うのもやはりおバカなわけです。

筆者の経験でもいっぱいいますね。なんでおまえそんな山の中にマンション買うのとか。なんで県一つまたいだとこから通うのかとか。それでハイパフォーマーならいいんですけど、そういうのに限って成績は中の下だったりします。毎月の定期代だけで7、8万貰いつつ、土曜出勤で残業100時間付けてるローパフォーマー社員なんて、みんなの人件費という財布に寄生した貧乏神みたいなもんですね。そういうけしからん人材を一掃するためにも、通勤手当なんてとっとと廃止するべきでしょう。



以降、
とはいえ、通勤手当を廃止しても都心はマンハッタンにはならない
筆者自身が神奈川から中央区のタワマンに移ったわけ




※詳細はメルマガにて(ビジスパ夜間飛行BLOGOS







Q:「就活で身の程を知れ、は正しい意見ですか?」
→A:「きわめて正しい意見です」



Q:「助けてください!後輩が続々課長昇格してます」
→A:「話を聞いた感じだとたぶんもうムリだと思います」



Q:「佐村河内さんと新垣さんの明暗をわけたものとはなんでしょうか?」
→A:「人当たりの良さってボディブローのように効いてくるもんです」







雇用ニュースの深層



三越伊勢丹の販売員、役員クラスの年収も可能に


4番で3割30本打つ人にリソースを振り向けるのが、これからの人事制度のトレンドになるでしょう。



増税先送りの一方でサラリーマンの健康保険料は勝手に引き上げられそうな件

今回も農業とか自営業者の大勝利で終わりそうな雰囲気ですね。



出身大学で人生の幸福度が決まるか

学歴って現状、選考会場への入場整理券みたいなもんです。







Q&Aも受付中、登録は以下から。
・ビジスパ(木曜配信予定)
・夜間飛行(金曜配信予定)
・BLOGOS(金曜配信予定)








スポンサーリンク